#居酒屋新幹線、新青森駅編のロケ地はどこ?お品書き(グルメ・酒)、ゲストは?

こちらでは、2021年12月14日から毎日放送制作の「ドラマイズム」枠で放送されているテレビドラマ『#居酒屋新幹線』の第1話、新青森編に登場するロケ地(青森魚菜センター・居酒屋「横丁」、池野屋酒店)、居酒屋のお品書き(にしん切込・ミズの煮物・生姜味噌おでん・若生おにぎり・ねぶた漬け・菊乃井・じょっぱり)、ゲストも紹介していきたいと思います。

 

#居酒屋新幹線、仙台編のロケ地はどこ?お品書き(グルメ・酒)、ゲストは?

 

『#居酒屋新幹線』とは?

#居酒屋新幹線』は、出張先で見つけたご当地グルメや地酒をテイクアウトし、帰りの新幹線車内でそれらを堪能するひとりの会社員の姿を描がいたドラマです。

 

主人公・高宮進(眞島秀和)は損保会社の内部監査室に勤務する会社員。

内部監査人という職務の性質上、他部署から快く思われないこともあり、ストレスも多い。

しかも昨今は経費削減のため泊りがけの出張はほぼ無く、日帰り出張を余儀なくされるなか全国を飛び回っている。

日々多忙な高宮であるが、ささやかな楽しみを持っている。

それは、出張先で見つけたご当地グルメや地酒などを購入して、帰りの新幹線で舌鼓を打つことであった。

東京に着くまでの数時間、高宮の座席テーブルはひととき「居酒屋」になる。

 

青森編ロケ地1:青森魚菜センター

高宮がご当地グルメを調達するために最初に訪れたのは、青森魚菜センター

青森魚菜センターのおススメは何といっても、のっけ丼。

のっけ丼は、10枚:1,500円または5枚:750円の食事券を購入し、初めに「丼ぶり(ごはん)」を食事券1枚と交換、そのあと好きな具材を食事券と交換しながら丼ぶりへ乗せていきます。

元祖 のっけ丼作り方はコチラ

のっけ丼はテイクアウトできないため、高宮はにしん切込ミズの煮物を調達したようです。

 

「青森魚菜センター」(青森のっけ丼)

所在地:〒030-0862 青森県青森市古川1-11-16(グーグルマップで見る

営業時間:7:00~15:00または16:00(火曜定休)

市場情報はコチラ

アクセス:JR青森駅正面出口より徒歩約5分/青森中央ICより車で約15分

 

青森編ロケ地2:居酒屋「横丁」

魚菜センターの店員(新山千春)に「入るの?入らないの?」と言われて入ったお店は、居酒屋「横丁」

高宮が調達した味噌おでんの他、焼き鳥手打ち蕎麦があるようです。

 

居酒屋「横丁」

所在地:青森県青森市古川1-13-6(グーグルマップで見る

電話:017-722-7882

営業時間:17:00~22:00(日曜・祝日定休)

アクセス:青森駅から約600m

 

青森編ロケ地3:池野屋酒店

青森県内の地酒専門店。

青森県内の22蔵元の200種類の銘柄を取り揃えているそうです。

 

「池野屋酒店」

青森駅前のアウガ新鮮市場の地階にあります。

アウガ新鮮市場 公式ウェブサイトはコチラ

所在地:〒030-0801 青森市新町1-3-7(グーグルマップで見る

電話:017-722-3446

営業時間:5:00~18:30

 

スポンサーリンク



 

青森編:グルメ

「にしん切込」

にしんの切り身を米麹に漬け込んだもの、にしんの塩辛。

にしん切込を買ったお店は、青森魚菜センター内の高桑商店

 

「ミズの煮物」

ミズの煮物を買ったお店は、青森魚菜センター内の惣菜 山田

 

「生姜味噌おでん」

メインは、居酒屋「横丁」で調達した味噌おでん。

汁なしおでんに生姜をすりおろした味噌だれをつけて食べる、それが青森おでんの流儀らしい。

横丁の味噌おでんには、「じょっぱり」という日本酒が合うとのこと。

 

「若生おにぎり」

「〆に食べてね」と、横丁のマスターの妹(新山千春)が作ってくれたもの。

若生(わかおい)とは、薄く柔らかい1年昆布のことで、「若生おにぎり」は、炊き立てのご飯を若生(わかおい)昆布で包んだだけのシンプルなおにぎり。

 

「ねぶた漬け」

ねぶた漬けは、かずのこ、スルメ、昆布などの海の幸と大根やきゅうりの山の幸を醤油で漬けたもので、青森の名物。

高宮が食べていたのは、ヤマモト食品のねぶた漬け。

ヤマモト食品 公式ウェブサイトはコチラ

 

青森編:お酒

「菊乃井」特別純米酒

青森県黒石市の鳴海醸造店という蔵元で造られたお酒。

米、酵母、水、すべて青森産にこだわりぬいて造られているそう。

「飽きのこないすっきりとした辛口。ほのかな香りがまたいい」と高宮がつぶやいていましたね。

鳴海醸造店 公式ホームページはコチラ

 

「じょっぱり」

青森県弘前市にある六花酒造で造られてるお酒。

端麗辛口でズシンと来るお酒らしい。

青森市内ならどこでも手に入るという。

昔ながらの手造りにこだわり、頑固者という意味の津軽弁「じょっぱり」の精神のもと、酒造りをしているそうです。

六花酒造 公式ウェブサイトはコチラ

 

東京で買える店がTwitterに投稿されていました。

↓  ↓  ↓

スポンサーリンク



青森編:ゲストは?

第1話、新青森編のゲストは、新山千春

青森魚菜センター店員、横山しのぶ役。

接客している時は敢えて津軽弁を強調して話し、青森らしさを演出しています。

 

居酒屋「横丁」の店主で、しのぶの兄を演じていたのは、八戸の劇団「フォーチュンシアター八戸」のメンバー、澤田 幸優(さわだ ゆきまさ)。

 

「にしんの切込」を連呼して高桑商店の店員役は、青森の劇団「野の上(ののうえ)」所属の藤本一喜

 

新幹線の清掃員は、田中久美

 

スポンサーリンク



 

『#居酒屋新幹線』見逃し放送は?

『#居酒屋新幹線』は、放送終了から1週間は“Tver”で視聴することができます。

 

“Paravi”では、過去の放送分もまとめて視聴することができます。

 

まずは無料体験!!

↓  ↓  ↓

 

※本ページの情報は記事更新時点のものです。

最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

10件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。