ポツンと一軒家、岩手県奥州市の昆野さんの元体験施設の場所はどこ?喫茶店は?(2018/10/21放送)

こちらでは、2018年10月21日放送(2022年6月26日放送に再登場)の

岩手県奥州市の山奥にある元体験施設だったという『ポツンと一軒家』の場所はどこなのか?

『ポツンと一軒家』の主、昆野さんが経営している喫茶店はどこなのか?

など、調べてみました。

※2022年6月26日放送の追記あり

 

ポツンと一軒家、岩手県二戸市にある居ヶ内さんのゴルフ練習場の場所は?(2019/1/6放送)

ポツンと一軒家、岩手県陸前高田市にある佐藤さんの場所はどこ?(2019/7/7放送)

ポツンと一軒家、岩手県釜石市の白濱さんのクレー射撃場の場所は?(2021/10/3放送)

ポツンと一軒家、岩手県釜石市の「ラベンダーファームおざわ」の場所はどこ?(2021/12/26放送)

『ポツンと一軒家』とは?

ポツンと一軒家』は、テレビ朝日系列で2018年10月7日から毎週日曜日の19:58~20:54に放送されている教養トークバラエティ番組。

 

初回は、18:30から2時間半のスペシャルが放送されました。

 

2017年10月22日から2018年8月19日までは『所&林修のポツンと一軒家』という番組名で

不定期特番として、8回放送されていたものがレギュラー化された番組です。

 

スポンサーリンク

 

『ポツンと一軒家』10月21日放送内容は?

2018年10月21日の『ポツンと一軒家』は、岩手県と埼玉県でした。

◇【岩手県】

地元の人によると「番組にはうってつけですよ!」と、太鼓判を押してもらうほど有名な一軒家。家までの道を教えてもらい、森の中へと入っていくと…そこはうっそうとした森で、荒れた砂利道が続く悪路!その砂利道をゆっくり進んでいくと、やがて森の中に古いコンテナや廃車が…一体、誰が!?

 

【埼玉県】

険しい山道をひたすら上ると、傾斜地に広がる畑は美しく整備され、その先には古民家が。かつて養蚕業を営んでいたというお宅。しかし、この地はかつて悲しい事件の舞台となった場所でもあった…。

◇出演者

【司会】所ジョージ
【パネラー】林修
【ゲスト】久本雅美、岡山天音

◇ナレーション

キートン山田、小山茉美

 

スポンサーリンク



 

岩手県の山奥にある『ポツンと一軒家』とは?

岩手県の内陸部の山奥にポツンと一軒家を発見!

 

情報1⇒赤い屋根の建物が2棟

情報2⇒他にも数棟の建物

 

岡山天音は、

「何棟かあるんだったら、キャンプ場とか?」

と予想。

 

久本雅美は、

「お見合いの宿泊施設?」

と予想。

 

捜索隊は最寄りの集落から捜索開始。

 

広々とした田園風景の中の真っすぐな道を走っていると、トラクターに乗っている男性を発見。

衛星写真を確認してもらうと、近くに詳しい人がいるからと電話をかけてくれた。

 

そして捜索隊は、物知りだという平塚さんのいるところを目指す。

 

トラクターの男性に教えてもらった通り進んで行くと、車の横に平塚さんが待っていた。

平塚さんによると、そこはこの辺りに移住してきた第1号の人だという。

 

平塚さんに聞いたとおり荒れた山道を進んで行くと、急に視界が開け

錆びたコンテナや廃車の車、

そして、「営業中」という謎の看板が見えた。

 

そこにいたのは、昆野宣臣(こんの のぶおみ)さん、71歳。

 

ここは以前、子供たちが大自然の中で火と水があれば生活できることを学ぶ体験施設(合宿所)だった所でした。

 

北海道で酪農を学び、岩手の畜産会社に就職して、27歳で独立してこの土地で畜産業を始めたが、

家畜の最期をみるのが性に合わないということで2年で廃業。

 

広大な土地を利用して何かできないかと廃材を利用して手作りで合宿施設を建てたのだとか・・・

 

でも、今は子供たちが利用することがなくなり、週末に修繕のために集まるDIY好きの

「大人の、年寄りのディズニーランド!?」みたいな所になっているということで、

この日も数人の男性が来ていました。

 

そして、キノコの時期ということもあり、敷地内でキノコ狩り。

 

イワナの燻製で出汁をとり、採ったボリミキ(キノコ)とゴボウなどを入れた

「特性キノコうどん」が振舞われました。

 

美味しそうでした~

 

実は主の昆野さん、以前はここに住んでいたそうですが、40年前、結婚したのを機に

麓の町で喫茶店を営んでいるとのこと。

 

ここへは毎朝3時に起きて喫茶店の仕込みが始まる9時まで、リフレッシュのために通っているとのことでした。

 

 

2022年6月22日放送では?

2022年春、捜索隊が現地へと向かうと、「営業中」だった看板が「準備中」に!?

いきなりの変化(?)に戸惑う捜索隊だったが、敷地内に入るとさらなる変化が!

敷地内の整備が進み、まさかの“進化”を遂げていた。

 

以前、自然体験に来た子供たちが止まっていた合宿所は廃材の山に埋もれていたが、仲間の力も借りてデッキを新しく張り替え、きれいにリフォームされていた。

広い敷地の奥には去年新たな施設ができたそう。

それは、サウナ。

仲間がサウナが欲しいといったから、サウナを廃業したところから廃材をもらってきて造ったという。

 

そして、今回も旬の味覚をごちそうしてくれた。

 

子供たちと一緒に❝うど❞や❝長ねぎ❞を収穫。

小麦粉に水を加え、こねて丸めて、伸ばして鍋へ。

 

作っていたのは、❝とってなげ❞や❝ひっつみ❞と言われる岩手の郷土料理。

畑で採った長ネギ、とり皮とごぼうの出汁、しょうゆを入れ、❝とってなげ❞が完成。

 

うどヒメ竹は衣をつけて天ぷらに。

 

捜索隊は、昆野さんの美味しい手料理をおよそ4年ぶりに堪能。

 

昆野さんが今も通い続けるこのポツンと一軒家は、生きるパワーをもらえる元気の源。

 

4つ歳を重ねても以前にも増してはつらつとしていた昆野さん。

いつかまた子供たちが自然体験にやって来る日に備えての理想郷づくりはこれからも続いていく。

 

 

スポンサーリンク

 

『ポツンと一軒家』岩手県奥州市の喫茶店はどこ?

岩手の『ポツンと一軒家』の主の昆野さんが奥様と営んでいる喫茶店は、

放送では看板がはっきりと映ってませんでしたが、

外観やピザ窯から岩手県奥州市江刺にある「喫茶ポプラ」だと判明しました。

 

 

「喫茶ポプラ」は、昭和の雰囲気が漂う喫茶店で、

自家製窯で焼く手作りピザが人気のお店です。

 

2015年で40周年とHPにあったので、1975年開業の喫茶店ですね。

 

「喫茶ポプラ」のHPは・・・

https://coffee-poplar.com/

 

スポンサーリンク



 

『ポツンと一軒家』岩手県奥州市にある元体験施設の場所は?

ということで、10月21日放送の『ポツンと一軒家』に登場した

岩手県の場所は、「岩手県奥州市江刺」の山奥でした。

 

〒023-1551 岩手県奥州市江刺米里戸中

↓  ↓  ↓

 

余談ですが・・・

「奥州市江刺」には、NHK大河ドラマ『炎立つ』、『秀吉』、『利家とまつ』、『義経』の

メインロケ地となった歴史公園「えさし藤原の郷」があり、全国から観光客が訪れる町です。

 

特産品としては、「江刺金札米」、「江刺りんご」、「岩谷堂羊羹」、「卵めん」などがあります。

 

奥州市公式ホームページはコチラ

 

ちなみに、2006年までは「岩手県江刺市」でしたが、

水沢市、胆沢郡胆沢町、前沢町、衣川村と合併して奥州市江刺となりました。

 

スポンサーリンク



 

『ポツンと一軒家』見逃し放送は?

『ポツンと一軒家』は、放送終了から1週間は“Tver”で視聴することができます。

 

「Amazonプライムビデオ」、「Amazonプライムビデオ(ABCオンデマンド)」では、

過去の放送分をまとめて視聴することができます。

 

※本ページの情報は記事更新時点のものです。

最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

 

スポンサーリンク

9件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です