『ポツンと一軒家』岩手の場所はどこ?喫茶店は?

2018年10月21日放送の

『ポツンと一軒家』は

岩手県と埼玉県でした。

 

今回は、

『ポツンと一軒家』で放送された

岩手県の場所はどこか?

登場人物が経営している喫茶店はどこか?

など、調べてみました。

 

スポンサーリンク



 

『ポツンと一軒家』とは?

ポツンと一軒家』は、

テレビ朝日系列で

2018年10月7日から毎週日曜日の19:58~20:54に

放送されている教養トークバラエティ番組。

 

初回は、

18:30から2時間半のスペシャルが放送されました。

 

2017年10月22日から2018年8月19日までは

所&林修のポツンと一軒家』という番組名で

不定期特番として、8回放送されていたものが

レギュラー化された番組です。

 

スポンサーリンク

 

『ポツンと一軒家』10月21日放送内容は?

2018年10月21日の『ポツンと一軒家』は、

岩手県と埼玉県でした。

◇【岩手県】

地元の人によると「番組にはうってつけですよ!」と、太鼓判を押してもらうほど有名な一軒家。家までの道を教えてもらい、森の中へと入っていくと…そこはうっそうとした森で、荒れた砂利道が続く悪路!その砂利道をゆっくり進んでいくと、やがて森の中に古いコンテナや廃車が…一体、誰が!?

 

【埼玉県】

険しい山道をひたすら上ると、傾斜地に広がる畑は美しく整備され、その先には古民家が。かつて養蚕業を営んでいたというお宅。しかし、この地はかつて悲しい事件の舞台となった場所でもあった…。

◇出演者

【司会】所ジョージ
【パネラー】林修
【ゲスト】久本雅美、岡山天音

◇ナレーション

キートン山田、小山茉美

 

スポンサーリンク



 

『ポツンと一軒家』岩手県の場所は?

(番組のネタバレを含みます)

荒れた山道を進んでいくと、

錆びたコンテナや廃車の車、

そして、

「営業中」という謎の看板。

 

ここは以前、

子供たちが大自然の中で

火と水があれば生活できることを学ぶ

体験施設だった所でした。

 

ここの主は、

昆野宣臣(こんの のぶおみ)さん、71歳。

 

北海道で酪農を学び、

岩手の畜産会社に就職して、

27歳で独立してこの土地で畜産業を始めたが、

家畜の最期をみるのが性に合わないということで

2年で廃業。

 

広大な土地を利用して何かできないかと

廃材を利用して

手作りで合宿施設を建てたのだとか・・・

 

でも、

今は子供たちが利用することがなくなり、

週末に修繕のために集まるDIY好きの

「大人の、年寄りのディズニーランド!?」

みたいな所になっているということでした。

 

そして、

取材の日はキノコの時期であり、

敷地内でキノコ狩り。

 

イワナの燻製で出汁をとり、

採ったボリミキ(キノコ)とゴボウなどを入れた

「特性キノコうどん」が振舞われました。

 

美味しそうでした~

 

実は主の昆野さん、

以前はここに住んでいたそうですが、

40年前、

結婚したのを機に

麓の町で喫茶店を営んでいるとのこと。

 

ここへは

毎朝3時に起きて

喫茶店の仕込みが始まる9時まで

リフレッシュのために

通っているとのことでした。

 

という訳で、

その喫茶店はどこなのか?

(※ポツンと一軒家がどこなのか?

下のまとめに書いてあります。)

 

スポンサーリンク

 

『ポツンと一軒家』岩手県の喫茶店はどこ?

岩手の『ポツンと一軒家』の主が

奥様と営んでいる喫茶店は、

放送では看板がはっきりと映ってませんでしたが、

外観やピザ窯から

岩手県奥州市江刺にある

「喫茶ポプラ」だと判明しました。

 

 

「喫茶ポプラ」は、

昭和の雰囲気が漂う喫茶店で、

自家製窯で焼く手作りピザが人気のお店です。

 

2015年で40周年とHPにあったので、

1975年開業の喫茶店ですね。

 

「喫茶ポプラ」のHPは・・・

https://coffee-poplar.com/

 

スポンサーリンク



 

まとめ

ということで、

10月21日放送の『ポツンと一軒家』、

岩手県の場所は、

「岩手県奥州市江刺」の山奥でした。

 

私がGoogle Earthで調べたところ、

奥州市江刺米里」に見つけましたw

 

「大森山」という山から北北西方向に・・・

 

 

余談ですが・・・

「奥州市江刺」には、

NHK大河ドラマ『炎立つ』、『秀吉』、『利家とまつ』、

『義経』のメインロケ地となった

歴史公園「えさし藤原の郷」があり、

全国から観光客が訪れる町です。

 

特産品としては、

「江刺金札米」、「江刺りんご」、「岩谷堂羊羹」、

「卵めん」などがあります。

 

ちなみに、

2006年までは「岩手県江刺市」でしたが、

水沢市、胆沢郡胆沢町、前沢町、衣川村と合併して

奥州市江刺となりました。

 

興味がありましたら、

訪れてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です