「ポツンと一軒家」岩手県北部の場所はどこ?その正体は?

1月6日の『ポツンと一軒家』で放送された

岩手県北部にある一軒家について

お届けします。




岩手県北部にあるポツンと一軒家とは?

岩手県の北部で発見されたポツンと一軒家。

山の中に忽然とまるでゴルフ場のように

開拓された広大な敷地があり、

建物がポツンと建っていた。

 

(所ジョージ)

「ゴルフ場?何か広いもんね・・・」

 

(財前直見)

「細長い敷地というのが気になりますねぇ~牧場ですか?」

 

(間宮祥太朗)

「スキー場?」

 

(林 修)

「アーチェリー場?」

と何かしらの予想をたてましたが・・・

 

捜索隊は一面雪景色の冬の東北へ・・・

 

凍った峠道を越えると、

ようやく集落が見えてきた。

 

そこで地元の人に衛星写真を見てもらい

話を聞いてみると

「移住者ではないか?」

という有力情報が!

 

しかし、

その一軒家までの道のりが問題!!

 

「山に入ると分かれ道がたくさんあるんだけど、平らな道を選んで進んで行けば家まで行ける」

と教えてもらえたのだが、

「枝道だらけできっと迷うと思います。もし迷ったらもた戻ってきてください。」

と、迷うこと前提。

 

実際に山へと入って行くと枝道だらけで、

まるで迷路のよう。

 

捜索隊は平らな道を選びつつ進むが

途中で「ほんとにこっちで会っているのか!?」

と疑心暗鬼になってしまう。

 

そんな迷路のような山道を越え、

ようやくたどり着いた一軒家が建つ広大な敷地は、

山の中とは思えないほどの

美しい景色が広がっていた・・・

 

果たしてどういう目的でそこは整備されたのか???

 

スポンサーリンク



 

岩手県北部にあるポツンと一軒家の正体は?

岩手県北部にあるポツンと一軒家の主は、

折ヶ内米作(おりがない よねさく)さん、85歳。

 

“こめつくり”と書いて“米作”だが、

農家はやったことがない。

 

中学を卒業し、

青森県八戸市で電気工事会社で働いでいたが、

25年前に親戚から譲り受け、

田畑だった所を整備して

芝生を敷きつめ

半年かけて自作のゴルフ練習場にしたのだそう。

 

しかも米作さん、

ゴルフ経験もないのに練習場を作り、

練習場を作ったからゴルフを始めたのだとか・・・

 

練習場を作れば人が集まるかなという

思いもあったらしい。

 

敷地内にある建物は、

基礎と屋根以外は自分で建てたのだとか。

 

以前は休日のたびに

仲間が集まっていたが、

みんな高齢となり集まる機会が減ってきた。

 

最近では、

週に4日、奥様のすみさんとここに宿泊し、

夫婦の時間を楽しんでいるのだそう。

 

スポンサーリンク

 

岩手県北部にあるポツンと一軒家の場所は?

岩手県北部にあったポツンと一軒家がある場所は、

岩手県二戸市上斗米だと思います。

 

⇒岩手県北部にあるポツンと一軒家の場所はコチラ

 

折ヶ内さん夫妻は、

青森県八戸市にご自宅があり、

週4日ほど、ここで過ごしているようです。

 

スポンサーリンク



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です