義母と娘のブルース(ドラマ)結末ネタバレ、最終回は原作と違う!?

2018年7月10日から

TBS 火曜ドラマ枠で放送される

綾瀬はるか主演の 『義母と娘のブルース』。

 

おそらく原作と違うだろう

ドラマ 『義母と娘のブルース』の

結末ネタバレなどについてお届けします。

 

『義母と娘のブルース』を見逃したら・・・

1話から最新話まで

31日間の無料トライアルのついた動画配信サービス

「U-NEXT」がおすすめですよ!

>>>『義母と娘のブルース』を今すぐ見るならコチラ<<<

 

スポンサーリンク



 

『義母と娘のブルース』原作は?

ドラマ『義母と娘のブルース』の原作は

4コマ漫画 「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)。

 

桜沢鈴さんによる

義母と娘の愛と成長を描くハートフルな物語です。

 

[まとめ買い] 義母と娘のブルース

↑  ↑  ↑

原作コミックはAmazonで購入できます。

 

また、『母と娘のブルース』のコミックは、

【FODプレミアム】で読むことができます。

↓  ↓  ↓

 

 ドラマ『義母と娘のブルース』とは?

このドラマは、

綾瀬はるかさん演じるバリバリのキャリアウーマンが、

娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚し、

母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、

家族と過ごす日々を描いた10年間の物語。

 

そこにあるのは、

大事件でもハプニングでもなく、

あたりまえの喜びや悲しみ、

そして時にほっこりとする小さな奇跡である。

(出典:TBS『義母と娘のブルース』)

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『義母と娘のブルース』キャストは?

岩城亜希子・・・綾瀬はるか


業界トップシェアの金属会社・光友金属で働くバリバリのキャリアウーマン。

誰よりも真面目でその真面目さゆえ、“土掘り土下座” という宴会芸まで編み出してしまうツワモノ。

普通の話し言葉にもビジネス用語を多用する。

四六時中、仕事のことばかり考えており、趣味や人生を楽しむことなど知らないような仕事の虫。

 

宮本良一・・・竹野内 豊


老舗の金属会社・桜金属工業に勤める。

8歳の娘を持つ父親。

朗らかな性格で日々、小さな奇跡を見つける目利きであり、周囲を和ませることについては天下一品。

「みやもっちゃん」 の愛称で親しまれ、職場では 「みやもっちゃんはこの会社のひだまり。癒し」 と年齢、性別を問わず社員に大人気。

小さなことは気にせず、鈍感ともいえるし、包容力が大きいともいえる男。

ある想いからライバル会社のやり手部長である亜希子にプロポーズする。

 

宮本みゆき(高校生)・・・上白石萌歌

宮本みゆき・・・横溝菜帆


良一の娘。

8歳の小学校3年生。

勉強は苦手で、のんびり屋で朗らか。

母親の死に大きな影響を受け、それ以降、内弁慶になってしまう。

良一の前では明るく振舞っているが、学校では内側に引きこもってしまい、以前を知っているヒロキからからかわれている。

 

宮本 愛・・・奥山佳恵

良一の亡き妻でみゆきの実母。

良一とは深夜のラーメン店で出会い結婚した。

ひまわりの様な笑顔と太陽のような明るさで家族に笑いをもたらしていた。

通販番組を見るのが好きで、良一の家には生前に愛が購入した通販グッズが溢れている。

 

麦田 章・・・佐藤 健

フーテンのダメ男。

なかなか目標が定まらず、軸足が固まらない青年。

亜希子、良一家族に波乱と時には奇跡を呼び起こす。

しかし、彼の根底にはある想いが…。

 

友井智善・・・川村陽介

麦田の友人。

いたるところで麦田に偶然会う。

そのたびに職業を変えている麦田にあきれつつも心配もしている。

麦田の突拍子もない言い間違いも冷静につっこむほど親しい仲。

現在、映像関係の会社で AD をしている。

 

西条乙女・・・橋本真実

みゆきの通う学童保育の職員。

母親を亡くしたみゆきをいつも心配しており、子どもたちにとっては優しいお姉さん。

子どもたちのためになら親を怒ることもできる、しっかり者で芯の強い女性。

 

猪本寧々・・・真凛

桜金属工業営業部に所属、良一の部下。

社員からは 「いのもっちゃん」 と言われており、営業部のなかでも明るい女性。

結婚しており、良一の悩み相談にもよく乗っている。

 

田口朝正・・・浅利陽介

光友金属営業部所属、亜希子の部下。

亜希子をとても尊敬していて、明るく何事にも一生懸命な青年。

たまに空回りしていることもあり亜希子に迷惑をかけることも。

人一倍オシャレに気を遣っている。

 

前原大輔・・・村本大輔 (ウーマンラッシュアワー)

光友金属営業部所属、亜希子の部下。

後輩にあたる田口とは違い、エリートサラリーマンの風情。

後輩のいかなるミスも許さず、執拗に詰め寄る。

 

笠原廣之進・・・浅野和之

桜金属工業営業部所属、良一の上司。

ライバル企業である光友金属を目の敵にしており、光友の業績があがるほど良一に扇子などであたり始める。

毎回良一のおっとりしているところに怒ってはいるが、憎めない良一を心配し、気にかけている。

 

下山和子・・・麻生祐未

下山不動産の噂好きおばちゃん。

地域のファミリーサポート人にも名を連ねており、亜希子が来るまでみゆきの世話を時々していた人物。

口が軽く、悪く、かつ、お節介。だが地域からこういう人がいなくなると困るであろう、そういうおばちゃんでもある。

亜希子は下山さんを 「貴重な情報源」 とみなし、親睦を深めていく。

 

『義母と娘のブルース』を見逃したら・・・

1話から最新話まで

31日間の無料トライアルのついた動画配信サービス

「U-NEXT」がおすすめですよ!

>>>『義母と娘のブルース』を今すぐ見るならコチラ<<<

 

ドラマ『義母と娘のブルース』あらすじ

数年前に母親を亡くして、

父親の良一(竹野内豊) と父一人子一人で

生きてきた宮本みゆき (横溝菜帆)

 

そんな彼女の前に

ある一人のキャリアウーマンが現れた。

 

彼女の名前は岩木亜希子 (綾瀬はるか) 。

 

業界トップシェアの金属会社・光友金属の営業部長を務める彼女は、

みゆきの新しい義母になる女性であった。

 

そんな亜希子とみゆきの初対面の日。

 

亜希子はみゆきに名刺を差し出し、

「私、このような者にございます」

と挨拶するが、

みゆきは

「私、この人嫌い」

と一蹴。

 

「初手の5分で心をつかめなければ、そのプレゼンは失敗です」

謎の封筒を置いて帰ってしまう亜希子。

 

亜希子が来ることを聞かされていなかったみゆきは

良一をギロリ。

 

慌てふためく良一はみゆきを必死に説得するが

逆に言い負かされてしまう。

 

亜希子の義母としての初陣は、

あえなく惨敗に終わるのだった。

 

その頃、

光友金属を訪れていたバイク便の青年・麦田章 (佐藤健) に

荷物を託す田口(浅利陽介)。

 

威勢よく飛び出し行く麦田にどこか違和感を覚える田口。

 

この違和感は、後にとんでもない被害に発展する…!?

 

果たして亜希子は、みゆきに受け入れられるのだろうか !?

 

義母として、認められるのだろうか !?

 

スポンサーリンク

 

『義母と娘のブルース』ネタバレ

バリバリのキャリアウーマンの亜希子は、

みゆきと初対面の日には名刺を差し出し、

同居生活の初日には履歴書を持参します。

 

はじめは亜希子のことを

認めようとしなかったみゆきですが、

亜希子が専業主婦になり、

苦手な家事をこなすなど

一生懸命なところを見て

次第に心が変化して行きます。

 

ママの写真とお父さんがいて

亜希子さんがいて

おうちで皆で暮らせるのは

嬉しいことなんだ・・・

と。

 

そして、良一が病気で亡くなり、

その後も亜希子とみゆきは

義母と娘として歩んで行きます。

 

亜希子と良一が結婚した理由は?

でっ!!

そもそも、

なぜ、亜希子と良一が結婚することになったのか?

 

(ネタバレ注意)

良一は病気で長く生きられないことがわかり、

みゆきの母親が必要だった。

 

そして亜希子は、自分も幼いころに両親を亡くしており、

みゆきを放っておけなかったのです。

 

もともとは政略結婚だった二人ですが、

次第にお互いを愛するようになって行きます。

 

しかし、互いの思いが通じて間もなく

良一は亡くなってしまいます。

 

原作と違う!?麦田の存在

ドラマでは、

フーテンのダメ男。

なかなか目標が定まらず、軸足が固まらない青年。

亜希子、良一家族に波乱と時には奇跡を呼び起こす。

しかし、彼の根底にはある想いが…。

という役柄で、

第1話から登場する麦田(佐藤健)ですが、

原作コミックだと、

(ネタバレ注意)

娘のみゆきが高校生になり、

亜希子が再就職するパン屋さんの店長で、

登場します。

 

亜希子はパン屋さんの経営改革をし、

それを見ていた麦田は亜希子に惹かれ、

プロポーズを考えていましたが、

亜希子には経営コンサルタントになるという

新た夢ができたため、

パン屋を辞めてしまいます。

 

第1話では、

バイク便の従業員として、

登場する麦田がどんなふうに、

亜希子と関わってくるのか、

楽しみですね!!

 

高校生になったみゆきは?

高校生になったみゆきの役は、

上白石萌歌さんが演じます。

 

(ネタバレ注意)

みゆきは母親の死後、内弁慶になってしまい、

良一の前では明るく振舞っているが、

学校では内側に引きこもってしまい、

以前を知っているヒロキからからかわれ、

そのまま絶好状態が続いていたが、

高校に進み、付き合うようになります。

 

そして、二人は結婚し、

みゆきは2児の母となります。

ドラマでは、

みゆきの結婚シーンは

出てこないと思いますが・・・

 

原作コミックと違う最終回結末!!

ドラマ『義母と娘のブルース』は、

綾瀬はるかさん演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公が、娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語。

ドラマは、

8歳のみゆきが高校を卒業するくらい、

パン屋さんを人気店にするくらいまでの

ストーリーになると思いますが、

 

原作では・・・

(ネタバレ注意)

亜希子はパン屋さんを辞め、

経営コンサルタント会社の社長として、

バリバリ仕事をこなし、

 

みゆきは幼馴染のヒロキと結婚して、

ヒロキの母と同居生活し、

嫁、妻、2児の母として奮闘します。

 

その後、

亜希子は病に倒れ、

みゆきの家族と同居することになり、

みんなに見守られながら、

あの世へ旅立っていきます。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『義母と娘のブルース』見どころは?

娘を一生懸命想い続ける義母、

戸惑いながらも一生懸命受け入れようとする娘、

家族を支える夫、

そんな“一生懸命”が満ちた毎日には、

喜びがあり、

時には悲しみがあり、

小さな奇跡がある、

そんなドラマになればと思っております。

(番組プロデューサー)

 

わたし的には、

麦田(佐藤健)の存在、

どんなふうに絡んでくるのか

原作コミックで見ることができなかった

部分に注目して見て行きたい

と思っています。

 

義母と娘のブルース佐藤健(麦田)毎回変わる職業の謎?その正体は?原作ネタバレも!

>>>『義母と娘のブルース』を今すぐ見るならコチラ<<<

 

スポンサーリンク



義母と娘のブルース佐藤健(麦田)毎回変わる職業の謎?その正体は?原作ネタバレも!

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です