義母と娘のブルース佐藤健(麦田)毎回変わる職業の謎?その正体は?原作ネタバレも!

7月10日スタートした

綾瀬はるかさん主演のドラマ『義母と娘のブルース』。

 

バリバリのキャリアウーマンの主人公(綾瀬はるか)が、

娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚して、

母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、

家族と過ごす日々を描いた10年間の物語。

 

こちらでは、

このドラマの「台風の目」!

 

佐藤健さん演じる麦田章(むぎたあきら)が

原作とは違った登場になっているので、

その謎について、お届けします。

 

(原作ネタバレも含みますので、ご注意願います。)

 

スポンサーリンク



 

ドラマ『義母と娘のブルース』で佐藤健が演じる麦田章とは?

ドラマ『義母と娘のブルース』で佐藤健が演じる麦田章は、

物語の 「台風の目」!?(らしい・・・)

 

フーテンのダメ男。

なかなか目標が定まらず、軸足が固まらない青年。

亜希子、良一家族に波乱と時には奇跡を呼び起こす。

しかし、彼の根底にはある想いが…。

(出典:http://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/chart/

 

麦田について、佐藤健さんのコメント

僕が演じる麦田は、毎回毎回職業が変わっている、何だかよくわからない男ですが(笑)。

彼がどういう風に物語に絡んでいくんだろう…と、まずは楽しみに観ていただきたいのが第一です。

最初は麦田の失敗やちょっとしたミスで、登場人物たちに大きな影響を及ぼしていくとこで物語に関わっていきます。

中盤から後半にかけては、さらに物語の本筋に絡んでいくことになりますので、楽しみにしていてください。

(出典:http://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/interview/

 

(ネタバレ)

原作では、

娘のみゆきが高校生になった頃に

登場しますが、

ドラマでは、

第1話からいろいろ職業を変えて

登場します。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ『義母と娘のブルース』麦田章の正体と職業を変える謎は?

麦田の職業が毎回変わる理由

ドラマ『義母と娘のブルース』で麦田が

職業を変えている理由は・・・

 

失敗したり、

飽きっぽかったりすることが

考えられますね・・・

 

麦田の正体は?

麦田の正体は、

パン屋の息子です。

 

原作からすると、

おそらく、

父親がやってきたパン屋を

素直に継ぐことができずに

ほかで仕事をするが、

なかなか長続きしない

といったところでしょうか?

 

ドラマの展開を見ながら、

随時更新していきます。

 

第1話・・・バイク便

第1話では、バイク便の配達員。

 

絶対に間違えてはいけない配達先を

間違えてクビになったのか???

 

第2話・・・花屋

第2話では、「奇石の花屋」。

 

奇跡を起こす花屋ということらしいですが、

字が違っているという失態!!

(バカなのか!?)

 

第3話・・・タクシー運転手


第3話では、タクシーの運転手。

 

スーパーマーケットのお手洗いに駆け込む??

小学校のお手洗いを無断使用???

 

(お腹、弱いのか!?)

 

しかも、

ニューオータニと

茗荷谷(みょうがだに)を間違える失態!!

 

(客・とも)「なんで、タクシーやってんの?」

(麦田)「いろいろな・・・」

 

(って、いろいろやらかしてますね…)

 

第4話・・・リサイクルショップ

第4話の麦田は、リサイクルショップ。


タクシーは行き先間違いのクレープが多くて

首になったみたいです。

 

リサイクルショップの仕事も

失敗してましたね・・・

 

でも、

コピー機に挟まっていた

マンションのチラシを落としたおかげで

奇跡も起きました・・・

 

第5話・・・葬儀屋

予告では、白衣姿でしたが・・・

 

白衣=医療関係と思っていましたが、

大ハズレ!!

 

葬儀屋さんというと

いつも黒いスーツとばかり思っていましたが、

病院から遺体を搬送する際は、

白衣なんですね。

 

病院内をいかにも葬儀屋さんという服装で歩いていたら、

縁起でもないっていうことなのでしょうか???

 

スポンサーリンク

 

第6話から、第2章となります。

 

みゆきが高校生になり、

上白石萌歌さんがみゆき役をつとめます。

 

原作と違うだろう結末も

楽しみです!!

 

第6話・・・葬儀屋⇒パン屋

第6話前半は、まだ葬儀屋でした。

 

葬儀場から火葬場まで

亜希子たちを乗せて霊柩車を運転し、

火葬場で亜希子とみゆきを見て、

「あの娘、もう親孝行できないんだ・・・」

とつぶやき、

パン屋を継ぐことを決意。

 

そして、

第6話後半の第2章からは原作どおり、

ベーカリー麦田の店長でした。

 

麦田章(佐藤健)は、

「親の後を継ぐなんてダサい」

と言って家を出たのですが、

何をやってもうまく行かず、

「やっぱ、パン屋を継ぐ」

と舞い戻って来たのです。

 

ベーカリー麦田では、

最初は販売や営業をやらせていたのですが、

“顔が広いを顔がデカい”と言葉を間違えたり、

名前や勘定を間違える・・・

 

仕方なく厨房に入れると

先輩の言うことを聞かず、

自己流でやるもんだから

従業員が次々辞めてしまいました。

 

父親は腰痛もあり、店を閉めるといったが

「俺が継いでやる」ということで

ひとりで営業することになったのですが、

父親から教わったのはアンパンだけで

“アンパンしか美味しくない”パン屋です。

 

が、

亜希子がパン屋で働くことになったので、

これからパン屋がどうなるか楽しみですね!

 

「あの人、俺に惚れてるんじゃないかな・・・

でも、タイプじゃないんだよな・・・」

と言っていた麦田ですが、

どうなって行くのかも・・・

 

7話以降もしばらくは

パン屋だと思います。

 

スポンサーリンク



 

『義母と娘のブルース』原作ネタバレ

(ネタバレ)

『義母と娘のブルース』原作コミックで、

麦田が登場するのは、

娘のみゆきが高校生になった頃です。

 

みゆきの父・良一が病気で亡くなり、

母親業に専念していた亜希子ですが、

みゆきが高校生になったので、

再就職することにしました。

 

麦田は亜希子が再就職したパン屋さんの店長です。

 

亜希子はパン屋さんの経営改革をし、

それを見ていた麦田は亜希子に惹かれ、

プロポーズを考えていましたが、

亜希子には経営コンサルタントになるという

新た夢ができたため、

パン屋を辞めてしまいます。

 

麦田の亜希子への想いは

叶えられませんでした。

 

原作ネタバレは

下記に詳しく書いておりますので、

こちらもどうぞ!!

↓  ↓  ↓

義母と娘のブルース(ドラマ)結末ネタバレ、最終回は原作と違う!?

 

スポンサーリンク

 

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です