povo2.0「発信テスト」❝接続できませんでした❞の対処法、私の場合は簡単なことだった

2021年9月29日、申し込み受付とサービス提供がはじまったpovo 2.0。

 

auからpovo2.0への移行手続きの最後に実施する「発信テスト」で、まさかの「接続できませんでした」。

 

いろいろ検索しましたが、スタートして間もなかったこともあり、対処法がわからず困ってしまったので、ここに残しておきたいと思います。

 

ここにいらした方はすでに解決していると思いますが、auからpovo2.0への移行手続きや「移転元への照会」で時間がかかっている方や、「移転元への照会失敗」の方は⇒ コチラをご覧ください。

 

スポンサーリンク



 

「発信テスト」で「接続できませんでした」どうしたらいい?

auからpovo2.0への移行手続きの最終Stepの「発信テスト」。

 

発信用テスト番号(111/通信料無料)へ電話をかけると、「接続できませんでした」の表示が出て、すぐに切れてしまう。

 

時間をおいて、かけてみたり・・・

 

端末(iPhone)を再起動してみたり・・・

 

でも、やっぱり「接続できませんでした」

 

eSIMの有効化の方法で問題があったかと見直したり・・・

↓  ↓  ↓

povo 2.0 eSIM開通手続きはコチラ

 

私の場合は、フィニッシュの画像にヒントがありました。

↓  ↓  ↓

 

eSIMの開通手順の際に、手順には案内されていない画面が・・・

 

「モバイル通信」で優先にするのは「主回線」か「副回線」かとか、

「音声通話」で優先するのは「主回線」か「副回線」かとか

☑マークを付けるようなのがあったのです。

 

(画像なくて申し訳ございません)

 

その際に訳も分からず、全部主回線を選んでいました・・・

 

でも実は、eSIMは副回線、SIMカードが主回線になるみたいです。

 

私は、auのSIMを入れたままeSIMの開通を行ったため、主回線・副回線を選択する画面が出て来てしまったのです。

 

というわけで、auのSIMを抜いたら「発信テスト」成功!!

 

povo 2.0が開通しました。

 

eSIMの開通をする前にauのSIMを抜いておけば良かったということなんですね(笑)

 

スポンサーリンク



 

他社からpovo 2.0に移行する方で発信テストができない方は・・・

他社からpovo 2.0に移行する方で発信テストができない方は、他社のプロファイル(APN)の削除されているか確認する必要があります。

 

「※他社のプロファイル(APN)が設定されているお客さまは、以下の手順で他社プロファイル(APN)の削除を行ってください。」

 

他社のプロファイル(APN)の削除方法も「povo 2.0 eSIM開通手続きはコチラ」のページにありますので、確認してみてください。

 

以上、最近忘れっぽいので、自分が誰かに聞かれたらと思い残しておきます。

また、誰かのための参考になれば幸いです。

 

【povo2.0】eSIMにしてpovoとY!mobileを使ってみた(iPhone編)

 

※本ページの情報は記事更新時点のものです。

最新の状況はpovo 2.0公式サイトにてご確認ください。

 

スポンサーリンク



1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です