ads.txt ファイル設置で404 Not Foundエラーが出た方法と対処法【エックスサーバー】

こちらでは、ads.txt ファイルを設置する際に「404 Not Found」が出てしまった方法をお届けします。

なぜエラーになってしまったのかはPCオンチなのでわかりませんが、参考になる方もいるかなと思い、

備忘録に残しておきます。

 

成功した方法は

ads.txt ファイルをWORDPRESSに設置する方法【エックスサーバー編】

 




 

ads.txt ファイル設置で404 Not Foundエラーが出た方法【エックスサーバー編】

まずは、メッセージの右側にある「今すぐ修正」をクリック。

私は4個のサイトを持っているので、

「4個のサイトで使用するads.txtファイルを作成する」と表示されていました。

下にある「ダウンロード」をクリックすると、

パブリックコードが書いてあるテキストファイルがダウンロードされました。

ダウンロードしたファイルは保存します。

ファイル名は「ads.txt」

文字コードは必ず「UFT-8」にしてください。

 

保存先は、わかりやすい場所、

デスクトップなどにすると良いでしょう。

 

続いてエックスサーバーのインフォパネルにログインします。

「会員IDまたはメールアドレス」と「インフォパネルパスワード」を入力して

ログイン。

「ファイル管理」をクリック。

ads.txtファイルを設置するサイトを選択して、クリック。

「public_hyml」をクリック。

 

ちなみに、ここまでは大丈夫です。

 

この後の方法がうまく行きませんでした。

作成欄の

ファイル名「ads.txt」と入力、

ファイル名の文字コードを「UTF-8」にしてファイル作成をクリック。

「ads.txt」のファイルが出来ているので、

チェックを入れて「編集」をクリック。

 

ダウンロードして保存しておいたパブリックコードをコピーして貼り付け、

保存文字コードを「UTF-8」に変更して、「保存する」をクリック。

 

これで作業完了ということで、

「ads.txt」ファイルの導入がうまくいったかを確認するため

検索エンジンのURLに『◯◯.com/ads.txt』と入力したら、下のエラー表示。

検索結果の上位にあったし、説明もわかりやすかったので、

その通りにやったはずなのに・・・

 

どうしよう・・・

 

というわけで再度検索。

 

 

ads.txt ファイル設置で404 Not Foundエラーが出た際の対処法

色々な理由でエラーになっているとは思いますが、

私の場合はエックスサーバーインフォパネルのファイル管理で作成した「ads.txt」ファイルを削除して

下の方法でやり直して一件落着でした。

↓  ↓  ↓

ads.txt ファイルをWORDPRESSに設置する方法【エックスサーバー】

 

エックスサーバーにアップロードしたファイルを削除する場合は、必ず「ads.txt」のみを削除してください。

「public_html」を削除したら、ブログがぶっ飛んじゃいますので、注意のうえ削除してください。

 

スポンサーリンク




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です