ads.txt ファイルをWordPressに設置する方法【エックスサーバー】

Google AdSenseを開いたら、出たメッセージ

要注意‐収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してください。

ads.txt ガイドによると、

ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

ということで、Googleさんはads.txtを使用することをおすすめしているとのこと。

 

Googleさんからのメッセージは理解できないことも多々あるので、みなさんどうしているのかまずは検索。

 

検索してみると、ads.txtファイルのアップロードのしかたがあったので、早速やってみました。




 

ads.txt ファイルをWordPressに設置する方法【エックスサーバー編】

まずは、メッセージの右側にある「今すぐ修正」をクリック。

私は4個のサイトを持っているので、

「4個のサイトで使用するads.txtファイルを作成する」と表示されていました。

下にある「ダウンロード」をクリックすると、

パブリックコードが書いてあるテキストファイルがダウンロードされました。

ダウンロードしたファイルは保存します。

ファイル名は「ads.txt」

文字コードは必ず「UFT-8」にしてください。

 

保存先は、わかりやすい場所、

デスクトップなどにすると良いでしょう。

 

続いてエックスサーバーのインフォパネルにログインします。

「会員IDまたはメールアドレス」と「インフォパネルパスワード」を入力して

ログイン。

「ファイル管理」をクリック。

ads.txtファイルを設置するサイトを選択して、クリック。

「public_hyml」をクリック。

「ファイル選択」をクリック。

 

先ほどデスクトップなどに保存したテキストファイルを選択。

すると「ファイル選択」の横にads.txtと表示されますので、

確認したら、アップロードをクリック。

 

これで、完了!!

 

上手く設置できたかを確認するために

検索エンジンのURLに『◯◯.com/ads.txt』と入力して、クリックしてみましょう。

ads.txtに入力した情報が画面に表示されていればOKです。

 

スポンサーリンク




1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です