『ポツンと一軒家』、青森県三戸にある「野瀬正観音」の工藤さん場所はどこ?(2019/2/3・2021/10/10)

こちらでは、2019年2月3日放送の『ポツンと一軒家』と

2021年10月10日放送の「あのポツンと一軒家は今」に登場した

青森県南部、三戸の山奥にある『ポツンと一軒家』の

「野瀬正観音」の場所はどこなのか?

どんな所でどんな方が住んでいるのか?

宝くじが当たるって本当なのか?

ということでお届けします。

 

ポツンと一軒家、岩手県二戸市の居ヶ内さんのゴルフ練習場の場所は?(2019/1/6・2020/11/29放送)

 

青森県南部にある『ポツンと一軒家』とは?

青森県南部、岩手県との県境に近い山の中で見つかったポツンと一軒家。

 

すぐ近くには整備された農地のようなものが衛星写真で確認できる。

 

(所ジョージ)

「これは生産農家?青森だからりんごかな?」

と想像するが、

 

(伊武雅刀)

「りんご畑には見えないなあ。」

 

(川田裕美)

「りんごにしては、こんなにきれいにならんでるのかな?」

 

(伊武雅刀)

「ワイン用のぶどうを生産している?」

と、あまりに美しく整備された土地の使いみちを巡って推理が分かれる。

 

捜索隊が向かった最寄りの集落は一面雪景色!

 

最初に道を尋ねたおかあさんは

写真の一軒家を知らないと・・・

 

だが、道の先に3件くらい家があるので

そこで聞いては・・・と。

 

捜索隊は凍結する山道を越えて雪深い集落へと到着するが、

人に出会えないままなんと行き止まりに・・・。

 

先に進むと遭難してしまいそうな捜索隊。

 

なんとか地元の人を発見して話を聞くことに成功する。

 

男性に衛星写真を見てもらうと、

「これは同級生の家なんですよ」とまさかの有力情報が!

 

しかも、途中まで案内をしてくれることになり、

捜索隊は九死に一生を得る。

 

だが、その道程はかなりの悪路だといい、

地元の人でさえ「凄いところですよ!」と言い切るほど!

 

その悪路になる手前の道まで送ってもらった捜索隊。

 

覚悟を決めて、雪に覆われ木が生い茂る山の中へ…。

 

一軒家があったのは、

そんな過酷な山道を登りきった山の頂上付近。

 

そこにあったのは築130年の古民家だった。

 

そのポツンと一軒家に住んでいるのは、

工藤宏靖さん(65歳)。

 

工藤さんの家は、代々りんご農家。

 

今は3代目の工藤さんが

枝の選定から収穫まで

一人で管理しているという。

 

そして、

一軒家の主・工藤さんにはもう一つの役割が・・・

 

広い敷地の中にあるその場所は、

「糠部 三十三観音 霊場」の

二十一番「糠部札所」。

 

工藤さんは、

なんと創建1000年に渡る観音堂の

二十一代目の堂守として「野瀬正観音」を

守り続けていた。

 

日々、農作業の傍ら

境内の清掃や参拝者の対応をしているそう・・・

 

観音堂の内部は外観と違い、きらびやか。

 

祠の真ん中には、

10年に一度ご開帳される「野瀬正観世音」という観音様が

安置されているという。

 

観音様を安置する祠は

珍しいことに全面株札で覆われている。

 

おそらく、

ここが三戸場へ続く街道筋で、

旅人が休憩して株札遊びに興じたことから

祠全面が札で覆われていると言い伝えられている。

 

そして、ここには

宝くじを買った人が

「博打の神様」だと言って、

拝みに来るのだそう・・・

 

拝みに来て当たった人も結構いるとか・・・

 

次の御開帳は、

10年に1回なので、「2020年」。

 

「どうぞ、皆さんいらしてください。」

と語る工藤さんでした。

 

スポンサーリンク



 

2021年10月10日放送の「あのポツンと一軒家は今」では・・・

2021年10月10日放送の「あのポツンと一軒家は今」では、

2019年2月3日に放送されたVTRを再編集したものが放映され、

捜索隊が工藤さんに電話。

 

放送後は、参拝客が増えたとのこと。

 

10年に一度の「御開帳」が、コロナ禍のため1年遅れで開催されるということで、

「ぜひ、いらしてください」と言われ、御開帳の前日に再訪した捜索隊。

 

「何とか、生かされています」と捜索隊を出迎えてくれた工藤さん。

 

前回は雪景色だったから新鮮に感じる捜索隊。

 

230本あるリンゴの木には、大きな実がなっていた。

 

今は、麓の知人にも協力してもらいながら、リンゴに日光が当たるように実の周りの葉を摘む作業をしているところだった。

 

続いて、観音堂の方へ向かう工藤さんと捜索隊。

 

7月末に「冠木門(かぶきもん)」が腐って倒壊してしまったので、修繕したばかりだという。

 

明日の御開帳を楽しみにしている人たちのために準備万端整えた工藤さん。

 

そして、御開帳の当日。

 

僧侶と地元の住人6人が参加して行われた御開帳の儀式。

 

10年に一度、ご本尊がみられるということで、いつもなら何百人もの方が参拝にくるのだが、今回はコロナ禍のため、少人数で開催することにしたのだそう。

 

そして、11年ぶりに堂守の工藤さんが御開帳し、僧侶が御開帳のおつとめを行い、儀式が無事終了。

 

儀式が終わると、一般の参拝客が訪れた。

 

次回のご開帳は2030年。

 

今回は、こういうご時世にしてはちゃんとやれて良かったが、次回は盛大にやりたいという工藤さんでした。

 

スポンサーリンク



 

青森県南部にあるポツンと一軒家「野瀬観音」の場所は?

青森県南部にあるポツンと一軒家「野瀬観音」の場所は、

青森県三戸郡三戸町梅内野瀬58-1

↓   ↓   ↓

今回の場所は、青森県三戸町でしたが、

実は岩手と青森には一戸から九戸までの地名があります。

 

岩手県 一戸町(いちのへまち)

岩手県 二戸市(にのへし)

青森県 三戸町(さんのへまち)

青森県 五戸町(ごのへまち)

青森県 六戸町(ろくのへまち)

青森県 七戸町(しちのへまち)

青森県 八戸市(はちのへし)

岩手県 九戸村(くのへむら)

 

「戸(へ)」の由来と四戸(しのへ)がない理由はコチラ

 

スポンサーリンク



『ポツンと一軒家』見逃し放送は?

『ポツンと一軒家』は、放送終了から1週間は“Tver”で視聴することができます。

 

「Amazonプライムビデオ」、「Amazonプライムビデオ(ABCオンデマンド)」では、

過去の放送分をまとめて視聴することができます。

 

※本ページの情報は記事更新時点のものです。

最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

 

スポンサーリンク

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。