『ポツンと一軒家』東京消防庁管轄のヘリポートの場所はどこ?

『ポツンと一軒家』12月9日の放送は、

東京都と長野県のようですが、

こちらでは東京にある

『ポツンと一軒家』がどこにあるのか?

東京消防庁管轄のヘリポートがどこなのか?

調べてみました。

 




 

東京にあるポツンと一軒家とは?

東京都西部の多摩川の上流、

ほとんど山しかない一角にポツンとある一軒家。

捜索隊は最寄りの集落へと向かうが、

家が見当たらず急な山道が続くばかり・・・

 

しばらく山道を進み、

山の斜面に何軒かの家が立ち並ぶ集落を発見。

 

そこで出会った畑仕事をしている95歳のおばあさんに

一軒家の情報を聞いてみると

「ヘリポートを超えた先に一軒家はありますよ」と

細かな道順も教えてくれた。

そのヘリポートは、

地元住民や登山客がケガ、急病などのときに

緊急搬送できるように設置された東京消防庁が管轄する

ヘリポートだった。

 

しかし、

ヘリポートをさらに進むと山道はやがて未舗装の獣道へ。

 

ほとんど人が通った形跡のない荒れた道路を進むと、

そこには築100年を超える趣ある古民家が建っていた…。

 

スポンサーリンク



 

東京消防庁が管轄するヘリポートはどこ?

東京の『ポツンと一軒家』捜索中にあった

東京消防庁管轄のヘリポートがどこなのか

私なりに調べてみました。

 

東京都西部の多摩川の上流ということなので、

東京都西多摩郡奥多摩町だろうと思い、

「東京奥多摩 ヘリポート」

でググッく見ると出てきたw

 

東京消防庁奥多摩消防署管内の

ヘリポートは下記の8か所ありました。

 

  1. 奥多摩消防ヘリポート
  2. 雲取山ヘリポート
  3. 大丹波ヘリポート
  4. 北蓑ヘリポート
  5. 古里小学校
  6. 登計原山林広場運動場
  7. 小河内貯水池ヘリポート
  8. 滝谷の峰ヘリポート

 

奥多摩消防署管内のヘリポートの詳細は⇒コチラ

 

中でも山奥にありそうなのは・・・

 

  • 雲取山ヘリポート

東京都・埼玉県・山梨県の境界にある標高2,017.13mの雲取山にあり、近くには登山道や雲取山山荘などがあるような場所であり、ここではなさそう・・・

 

  • 滝谷の峰ヘリポート

東京都水道局が設置し、2010年11月1日から運用しているヘリポートのようで山林火災や山岳遭難の際に利用される所で、付近に道路も家もなさそうです。

 

  • 大丹波ヘリポート

山火事ために防火水槽を備えた専用のヘリポートです

手前にはキャンプがあり、奥にも林道が続いているようですがここなのでしょうか?

林道をたどってみましたが、見つけることができませんでした・・・

 

  • 北蓑ヘリポート

主に奥多摩周遊道路における交通事故で、重傷者が発生した場合に使用されるヘリポートのようです。

 

おばあさんが案内してくれた「ヘリポートの先にあります・・・」には該当しないような気がします。

 

  • 奥多摩消防ヘリポート

こちらは飛行場外離着陸場(臨時発着場)として国土交通大臣の認可を得ており、緊急以外の平常時にもヘリコプターの発着使用可能な場所となっているようです。

 

ヘリポートの先の道をたどっていくと、東京農業大学奥多摩演習林があり、その先に何かありそうな気もするのですが、ここなのでしょうか?

 

(12月10日追記)

12月9日放送の東京のヘリポートは

「奥多摩消防ヘリポート」でした~!!

 

そして、

ヘリポートの先の砂利道を進んで行くと

「玄庵」の看板。

 

「玄庵」は、

明治時代に林業を営む方が作り、

大家族で暮らしていたのですが、

空き家となり、

水墨画家がアトリエとして使っている頃に

「玄庵」と名付けられました。

 

そして現在は、

山歩きが大好きでガイドをしている後藤さんと

その仲間「山酔会」の拠点として利用している場所でした。

 

⇒「玄庵地図」はコチラ

 

スポンサーリンク

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です