セキュリティー保護されていないネットワークでiPhoneのwifiに繋がらない時の対処法

海外旅行中にホテルで

wifi のIDとパスワードをもらって接続したのですが、

「セキュリティー保護されていないネットワーク」

という勧告がiPhoneに出て、

WiFiのマークは表示されたのに

ネットには繋がりませんでした。

 

 

どうしたらいいかと

ググってみましたが、

明確な対処方法が見つからなかったので、

私がその時に実践した方法を紹介します。

 

2018年5月初稿、

2019年5月、旅行へ行き実践して記事を更新しました。




セキュリティー保護されていないネットワークとは?

“「セキュリティー保護されていないネットワーク」公開ネットワークはセキュリティーを提供しない為、全てのネットワークトラフィックが外部にさらされます”とは・・・

WiFiの場合、

端末(iPhone)とWiFiアクセスポイント(WiFiルーター)間の通信を無線で行いますが(無線LANとも呼ぶ)、

この無線通信がセキュリティーで保護されていない、

端末(iPhoneやPC等)とWiFiアクセスポイント間でやりとりされる無線の通信の全てが

“保護されない”

つまり、

“暗号化されていない”

ということです。

 

家庭向けの機種であれば、

WPA-PSK-AESや、

WPA2-PSK-AESで無線通信暗号化されていれば、

電波が傍受されても基本的には暗号解読できないため安心です。

(時間をかけたり、弱い事前共有キーを使うなど脆弱性があれば、

暗号が解かれる可能性はあります)

 

前述のとおり、

WEPという方式や、

WPA-PSK-TKIPという方式では、

危険があるということです。

 

「公開ネットワーク」というからには、

端末とアクセスポイント間が暗号化された通信ではないとか、

誰でも利用が可能でユーザー認証もされないANY接続が

許されているということです。

 

要するに、

この様なWiFiのアクセスポイントを利用する際は、

センシティブな情報を扱わない、

アカウントを必要とするサービスを利用しないといった配慮が必要です。

「yahoo!知恵袋」参照)

 

お分かりになりましたか?

 

私は、この説明がわかりやすく、

なんとなく理解できました。

 

コチラも参考になると思います。

↓  ↓  ↓

iOS10の「非公開ネットワーク」に対する「セキュリティに関する勧告」はAppleの詭弁(追記)

 

スポンサーリンク

 

 

セキュリティー保護されていないネットワークが出た時の対処法は?

「セキュリティー保護されていないネットワーク」に接続する際の

リスクは理解できましたが、

 

せっかく無料で使えるホテルのWiFi

使いたいと思った私が実践した方法は・・・

 

iphone アプリの

「タウンWiFi」を利用する方法です。

上記、「タウンWiFi」は、

アップデートにより、「フリーWiFi」に変わりました。

 

まずは、

iPhoneの「設定」→「WiFi」で

接続したいネットワークを選択します。

(この状態では、まだWiFiに繋がらないと思います)

 

次に、

「フリーWiFi」のアプリを起動

 

画面右下の「管理」をタップ。

 

 

 

「パスワード無しWiFi」または「パスワード付きWiFi」をクリック。

 

 「パスワード無しWiFi」・・・「設定」→「WiFi」の時、鍵のマークなし

 「パスワード付きWiFi」・・・「設定」→「WiFi」の時、鍵(🔓)のマークあり

 

どちらかタップしてみると、

現在接続中のWiFiが表示されます。

 

 

現在接続中のWiFiをクリックタップすると、

ログインする画面が表示されます。

 

 

 

ホテルからもらった

①IDと

②パスワードを入力して

サインインをタップ。

 

WiFi接続できました!!

 

スポンサーリンク




 

まとめ(重要!)

「セキュリティー保護されていないネットワーク」

という勧告がiPhoneに出て、

WiFiのマークは表示されたのに

ネットに繋がらなかったときに

私が実践した方法を紹介しましたが、

セキュリティリスクがあることなので、

推奨は致しません。

 

ご自身の判断で、ご利用ください。

 

スポンサードリンク



 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です