【岩手】桜の名所「北上展勝地」周辺の見どころは?

「日本さくら名所100選」に認定され、

「みちのく三大桜名所」に数えられている

『北上展勝地』に訪れたら、

是非立ち寄ってほしい、周辺の見どころを

ご紹介します。

 

岩手の桜の名所「北上展勝地さくらまつり」2018年いつから?駐車場は?おすすめグルメは?

 

スポンサードリンク



 

 

「北上展勝地」とは?

「北上展勝地(きたかみてんしょうち)」は、

東北有数の桜の名所として知られています。

 

展勝地の桜は1920年(大正9年)に行われた

桜の植栽事業で植えられたもので、

珊瑚橋から北上川沿い2kmにわたり

桜のトンネルを作り出す500本のソメイヨシノに加え、

展勝地公園の敷地内には

約1万本の桜があると言われています。

 

1990年(平成2年)、

日本さくらの会から「日本さくら名所100選」に認定され、

青森県の弘前、秋田県の角館(カクノダテ)と並んで

「みちのく三大桜名所」のひとつに数えられている所です。

 

(出典:きたかみ魅力辞典

 

 

 見どころ①「北上市立博物館」

(出典:北上市HP)

 

北上市立博物館には、

国指定重要文化財の青銅龍頭や青銅錫杖頭などが

展示されており、

北上川とその流域に生きてきた人々の歴史と、

北上周辺の自然を学ぶことができます。

 

入館料:一般500円 高校生240円 小・中学生170円

詳細はコチラ

 

 

見どころ②「みちのく民俗村」

(出典:北上市HP

 

東北有数の屋外博物館とも言われる「みちのく民俗村」。

竪穴式住居から武家屋敷、商家、南部曲り家など、

丘陵全体に歴史的建造物が展示場されています。

 

入村料:無料

営業時間:9:00~17:00

詳細はコチラ

 

 

見どころ③「陣ヶ丘(じんがおか)」

陣ヶ丘には、ヤマザクラ等の桜が植えられています。

眺望は素晴らしく、桜の時期には北上川沿いの桜並木を

見渡すことができます。

詳細はコチラ

 

 

見どころ④「北上夜曲碑」

 

「北上夜曲」作詞・作曲者の直筆による歌碑です。

ボタンを押すと曲が流れます。

詳細はコチラ

 

 

見どころ⑤「ひらた舟」

 

江戸時代、今の宮城県の石巻から黒沢尻まで

北上川を上り下りした最大の川舟を復元したものが

係留されています。

詳細はコチラ

 

 

見どころ⑥「サトウハチロー記念館」

(出典:岩手県観光協会)

 

童謡「うれしいひなまつり」や

流行歌「リンゴの唄」等の作品を残した

サトウハチローの貴重な資料が展示されています。

 

入館料:大人400円・小中学生150円

開館時間:10:00〜16:00

詳細はコチラ

 

 

見どころ⑦「利根山光人記念美術館」

 

利根山光人記念美術館には、

「太陽の画家」と言われた「利根山光人」画伯の

作品が展示されています。

 

入館料:大人300円・高校生120円・小中学生60円

開館時間:10:00〜16:00

詳細はコチラ

 

以上、展勝地周辺の見どころで

歩いて行けそうな所、7か所です。

 

上から順もしくは下から順に回るといいですよ!

 

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です