『ブラックスキャンダル』と『ブラックリベンジ』なぜ似ている?似ている点と共通点は?

2018年10月スタートの

プラチナイト木曜ドラマF『ブラックスキャンダル』は

2017年10月~12月に同枠で放送された

木村多江さん主演の『ブラックリベンジ』に

そっくりですよね!?

 

という訳で、

似ている点や共通点、

なぜ似ているのか?

についてお届けします。

 

スポンサーリンク



 

『ブラックスキャンダル』と『ブラックリベンジ』の似ている!?

『ブラックスキャンダル』あらすじ

『ブラックスキャンダル』は、

身に覚えのない不倫スキャンダルによって

芸能界から追放された元女優が顔と名前を変えて、

自分を陥れた芸能プロダクションに復讐していく物語。

 

【あらすじ】

人気女優・藤崎沙羅の不倫スキャンダルが大々的に報道される。

 

彼女にとっては全く身に覚えのないことであり、

釈明会見を開こうとした矢先、

不倫相手として報道された人気俳優が突然釈明会見を開き、

事実関係を認めてしまう。

 

この会見によって、

世間から強烈な誹謗中傷を浴びた藤崎沙羅

芸能界から追放されてしまう。

 

更に藤崎沙羅の母親が娘に対する重圧に耐えきれずに

自ら命を絶ってしまい、沙羅は全てを失ってしまった。

 

芸能界から追放されてから5年後、

藤崎沙羅は不倫相手として祭り上げられた人気俳優が、

芸能プロダクション「フローライト」に金を積まれて

偽のスキャンダルを演じたと告白したことを後輩女優から聞かされる。

 

真実を知った藤崎沙羅は自分を陥れた者たちに復讐するために、

整形手術をして顔を変え、

更に名前を矢神亜梨沙に変えて、

かつて所属していた「フローライト」に

マネージャーとして潜入して復讐して行くが、

その先には誰も想像し得ない衝撃の展開が待ち受けていた・・・

 

スポンサーリンク

 

『ブラックリベンジ』あらすじ

『ブラックリベンジ』は、

政治家だった夫を亡くした週刊誌の契約ライターの女性が、

夫を死に追いやった人物にスキャンダルで復讐する物語。

 

【あらすじ】

今宮沙織は、

夫で政治家・寺田圭吾と幸せな日々を過ごしていたが、

週刊誌『週刊星流』により、

夫の裏金スキャンダルと愛人スキャンダルがスクープされ、

夫は、それを苦に自殺。

 

さらに

今宮沙織はそのショックで流産してしまう。

 

それから5年後、

その記事がねつ造であったことを知り、

大切な家族を奪った記者に復讐しようとする。

 

しかし、

スキャンダル記事のねつ造の裏には

ある黒幕の存在が・・・。

 

スポンサーリンク



 

『ブラックスキャンダル』と『ブラックリベンジ』の共通点は?

『ブラックスキャンダル』と『ブラックリベンジ』には、

共通している点もあります。

 

どちらのドラマでも

スキャンダルから5年後に復讐が始まる点と

『週刊星流』という週刊誌が出てくる点です。

 

さらに、

共通しているのは、スタッフ!!

 

続きを見ると、

似ている理由がわかります!!

 

スポンサーリンク

 

『ブラックスキャンダル』と『ブラックリベンジ』が似ている理由は?

『ブラックスキャンダル』と

『ブラックリベンジ』が似ている理由は、

先(↑↑)の共通点の所に書いたスタッフにあります。

 

『ブラックスキャンダル』と

『ブラックリベンジ』どちらの脚本も

脚本家の佐藤友治(さとう ともはる)さんが

担当しています。

 

スタッフの比較をしてみました。

↓  ↓  ↓

【スタップ比較】

ブラックスキャンダル ブラックリベンジ
脚 本 佐藤友治 ほか 佐藤友治
監 督 長沼 誠 ほか
監 修 中村竜太郎
チーフプロデューサー 岡本浩一 柿本幸一

田中壽一

プロデューサー 福田浩之

中間 利彦

茂山 佳則(AX-ON)

西 紀州(AX-ON)

福田浩之

 

尾上貴洋

音 楽 井筒昭雄 大間々 昴
制作協力 AX-ON AX-ON

ytvNextry

制作著作 読売テレビ 読売テレビ

プロデューサーの福田浩之さんも

どちらのドラマにも関わっていますね。

 

制作会社が同じなので、

どちらにも関わったスタッフはいると思われます。

 

という訳で、

『ブラックスキャンダル』と

『ブラックリベンジ』が似ているのは、

脚本家やプロデューサーに

共通の方がいて

あえて似せて作ったドラマなのだと

思います。

スポンサーリンク

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です