『中学聖日記』最終回ネタバレ!結末は原作と違う!?

こちらでは、

2018年10月9日スタートのTBS火曜ドラマ、

有村架純さんが主演する『中学聖日記』の

あらすじやキャスト、

原作や最終回結末のネタバレをお届けします。

 

スポンサーリンク



 

ドラマ『中学聖日記』あらすじ

長年の夢を叶え、

中学校の教師になった主人公・末永聖(有村架純)が、

赴任先で不思議な魅力をもった中学3年生の黒岩晶(岡田健史)と出会う。

 

晶は一目で聖に恋に落ち、

まっすぐな恋心を聖にぶつける。

 

しかし、

聖には大阪に赴任している

遠距離恋愛中の婚約者・勝太郎(町田啓太)がいた…。

 

教師で、

しかも、

婚約者がいる身。

 

「…決して好きになっちゃいけない」

 

そう頭でわかっていても、

自分への恋心をまっすぐぶつけてくる教え子の晶に、

いつしか聖の心は大きく揺さぶられ、

やがて惹かれていってしまう…。

 

そして、

聖と晶の前には、さまざまな障壁が立ちはだかる。

 

大学時代から交際している勝太郎。

 

少年である晶と対比して描かれる、

エリート企業に勤める大人の男。

 

聖の味方でありながら、

完璧な彼の 存在は時として聖にとって重荷となることも…。

 

また、

勝太郎の会社の先輩・原口律(吉田羊)は

帰国子女でありバイセクシャル。

 

仕事も恋も狙った獲物は逃さない

孤高のバリキャリ女子だ。

 

そんな律は勝太郎や聖を翻弄していく。

 

そして、

女手一つで息子を育ててきた晶の母親・黒岩愛子(夏川結衣)。

 

愛子は担任教師に本気で恋をしてしまった息子を案じ、

その姿に危機感を抱き、

晶と懸命に向き合おうとするが

その想いはなかなか伝わらず、

苦悩する日々がつづく…。

 

「僕、先生の事、好きになっちゃいました…!」

 

運命の人は、年上の婚約者か──?

それとも、年下の中学生──?

 

婚約者との幸せな結婚か、教え子との禁断の恋か。

果たして、聖が選ぶ未来とは──?

 

スポンサーリンク

 

『中学聖日記』キャストは?

末永聖(すえなが ひじり)・・・有村架純

片田舎の町・子星平にある子星中学校で3年1組のクラス担任を務め、国語を教える。

しっかり者だが、その真面目さがかえって空回りしてばかりで学校で生徒からからかわれることも。

大学のサークルで出会った遠距離恋愛中の恋人・勝太郎がいる。

エリートで優しく、ポジティブな勝太郎と一緒にいると自分も前向きになれるが、その反面、大人になりきれない自分に劣等感を抱くことも。

そんな中、生徒である晶と出会い、全てを見透かしているような瞳と不器用ながら全力でぶつかってくるピュアな姿に翻弄される。

 

黒岩 晶(くろいわ あきら)・・・岡田健史

聖のクラスの生徒、中学3年生。

繊細で内向的な性格。

思春期だが流行に疎く、世間知らずな少年。

担任である聖になぜだか心奪われ、次第に見ていてイライラしている自分に気づく。

それが恋だと知り、初めての恋に自分を制御できず、戸惑いながらも聖への想いを真正面からぶつけていく。

そのアプローチは若さゆえストレートで恐れを知らず、聖の心を大きく揺さぶることに…?

女手一つで自分を育ててくれた母・愛子とは良好な親子関係を築いてきたが、その“初恋”をきっかけに関係性が変化していき…

 

川合勝太郎(かわい しょうたろう)・・・町田啓太

聖の婚約者で、バリバリのエリート商社マン。

明るくてポジティブな性格で、競争社会の中で常に戦って勝ち抜き、会社からも期待されている。

聖は大学時代からの恋人で、現在は大阪に赴任しているため遠距離恋愛中。

忙しくて余裕のない聖を心配し、時にユーモアを交えて優しく気遣う。

晶とは正反対の大人の男。

聖の一番の理解者であると共に、晶と聖、2人の恋の最大の障壁となる

 

上布 茂(じょうふしげる)・・・マキタスポーツ


愛子の部下。

晶の母・愛子とは旧知の中で、アジア雑貨輸入販売会社の設立のころから、愛子の右腕となって、苦楽を共にしてきた部下であり友人。

愛子が離婚した経緯もおおむね知っており、幼い晶の面倒や雑務もこなしてきてくれた、黒岩家にとってなくてはならない人物。

あだ名はジョフィ。

反抗期の晶の気持ちが理解できずに悩む愛子の相談相手となったり、母親である愛子に言えない思いを抱える晶に兄のように助言する、二人にとっての良き理解者。

 

塩谷三千代(しおやみちよ)・・・夏木マリ

子星中学の教頭。

校長よりも発言力、決定力、影響力があり誰も逆らえない子星中のボス的存在。

生徒や教師たちからは煙たがられているが、保護者たちからは絶大な信頼を誇っている。

子星中を誰よりも愛しているが故に生徒にも教師にも厳しく、新米教師である聖が赴任して早々に、彼女の行動や服装を細かくチェックし指導。

女として苦労し戦ってきた過去があり「女だから」という言葉や言い訳、妥協を絶対に許さない。

通称・塩バァ。

 

丹羽千鶴(にわちづる)・・・友近


聖の先輩教師。

聖の教育実習先での指導担当で、今でも公私共に聖の相談に乗っている。

いつも的確なアドバイスで聖を助ける、大らかで明るいアネゴ肌の頼もしい女性。

聖が心を開ける唯一の存在。

教師として喝を入れつつも、女としては聖の理解者でいてくれる。

 

原口 律(はらぐち りつ)・・・吉田 羊

勝太郎の会社の先輩。

帰国子女でバリキャリの毒舌系女子。

「意味のない飲み会には参加しない(そのヒマあったら仕事しろ)」主義。

バイセクシャルで女性との恋愛もあり。

誰にも流されない確固たる独自の人生論と価値観を持ち、仕事も恋も狙った獲物は逃さない。

勝太郎から聖との恋愛相談を受ける度に、鋭い一言を吐いては勝太郎を不安にさせたり救ったり、勝太郎の良き理解者であり、良い意味でも悪い意味でも勝太郎に影響を与える人物。

 

黒岩愛子(くろいわ あいこ)・・・夏川結衣

晶の母。

アジア雑貨輸入販売会社のやり手女社長で、女手一つで晶を育ててきたシングルマザー。

晶が幼い頃に夫と離婚。

会社と息子を守るためなら手段を選ばない。

放任主義で育ててきたが、中3になって反抗期に入った晶の扱いに困っている。

晶の聖への恋心にもいち早く気づくが、初めは真に受けていなかった。

しかし、晶が思いもよらぬ行動を取り始め、危機を感じて聖を警戒するように…。。

 

岩崎るな(いわさきるな)・・・小野莉奈


負けん気が強く自分の信じた道を突き進む。

晶に一途な片思いをし、徐々に聖を敵視するように・・・。

一見冷静で大人びた発言もするが、本当は自分の気持ちに嘘をつくくらいなら傷ついてでも心に正直に動く、素直で熱いタイプ。

通称・るなち。

 

スポンサーリンク



 

『中学聖日記』原作は?

ドラマ『中学聖日記』の原作は、

女性向けマンガ雑誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で人気連載中の

フランス在住の漫画家・かわかみじゅんこさんによる

同タイトルの漫画です。

 

『中学聖日記』は、

多くの人気ドラマ原作の登竜門でもある

an・anマンガ大賞(第7回・2016年)の大賞を

受賞した作品です。

 

中学聖日記 1 (フィールコミックス)

 

コミック本は、

4巻まで発売されており、

Amazonで購入することができます。

 

また、

【FODプレミアム】でも読むことができます。

 

漫画はキャンペーン等で

無料で読めるものと

有料のものがありますが、

毎月8のつく日にもらえる

ポイントを貯めると無料で読むことができます。

 

※無料期間中に

最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

 

【FODプレミアム】の登録はコチラ!!

 

『中学聖日記』最終回結末は?

『中学聖日記』の最終回結末、

気になりますよね~

 

原作漫画は

『FEEL YOUNG』(祥伝社)にて連載中なので、

結末はまだわかりません。

 

中学3年生だった黒岩晶が

コミック本の4巻では

17歳、高校2年生になっています。

 

ドラマ『中学聖日記』の最終回結末は

ドラマを観ながら、

予想して後日追記したいと思います。

 

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です