『海月姫』今ならドラマも映画もアニメも見放題!無料で視聴する方法は?

ドラマ『海月姫』が

3月19日終了しました。

 

こちらでは、ドラマ『海月姫』の

感動の最終回を見逃した方、

1話から一気見したい方、

映画もアニメも見たい方に

無料で視聴する方法をご紹介します。

 

 

『海月姫』、今ならドラマも映画もアニメも見放題!

『海月姫』ドラマ化を記念して

今ならドラマも映画もアニメも・・・

 

『海月姫』が見放題なんです!!

 

 

『海月姫』をまとめて見るなら

に登録する必要があります。

 

【FODプレミアム】なら、

無料お試し期間があるので、

この期間を上手に利用して、

『海月姫』を無料視聴することができるんです!

 

もちろん『海月姫』だけでなく、

気になる作品すべてを一気に視聴することもできますよ!

 

海月姫 ※1月15日(月)21時地上波放送開始

 

登録は下記より!

↓ ↓ ↓

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

 

 

『海月姫』、FOD見放題はいつまで?

『海月姫』の配信はいつまでなのでしょうか?

 

アニメ(1話〜11話)は、2019年3月31日まで、

 

映画は、2019年3月23日まで、

 

ドラマは、2019年1月14日まで

 

となっております!!

 

まずは登録!

↓ ↓ ↓

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

 

 

無料お試し期間内に見れば、

課金されることはありません。

 

ちなみに、

有料となりますが、

原作コミックを見ることもできますよ。

 

海月姫 ※1月15日(月)21時地上波放送開始

 

『海月姫』あらすじ(ネタバレ)

イラストレーターを目指して上京した倉下月海(芳根京子)は、

オタク女子【尼~ず】がくらすアパート「天水館」に住んでおり、

自身もクラゲオタク女子。

 

ある日、

月海は、熱帯魚ショップにお気に入りのクラゲ

「クララ」を見に行き、

クララの水槽に相性が悪いミズクラゲが

一緒に入れられているのを発見。

 

そのままではクララが弱ってしまう・・・

 

でも、店員は今時のオシャレ男子。

 

なかなか、話しかけられない。

 

やっとのことで話しかけると、

気味の悪いオタク女子と相手にされなかった。

 

そこに、お洒落な今どき女子が現れて、

店員を説得、

クララを月海が引き取ることに・・・

 

オシャレ女子はその晩、月海の部屋に泊まったが、

朝起きてビックリ!!

 

昨夜のオシャレ女子は男だった。

 

その正体は女装が趣味のイケメン、

鯉淵蔵之介(瀬戸康史)。

 

天水館と月海のことが気に入った蔵之介は

度々アパートに出入りするようになった。

 

ある時、蔵之介は自宅に月海を連れて行き、

メイクし、お洒落な洋服を着せた。

 

そこに現れた蔵之介の弟・鯉淵修(工藤阿須加)は

月海に一目ぼれ。

 

月海と蔵之介、修のゆる~い三角関係が続く中、

事件発生!!

 

天水館が再開発計画の地区になり、

売られることに・・・

 

再開発担当の稲荷翔子(泉里香)は、

買収を進めるために修を誘惑する。

 

蔵之介は天水館を買い取ることを決意。

 

そして、

資金を稼ぐために

ファッションブランドを立ち上げようと提案。

 

月海はデザインを担当することに・・・

 

慣れない服作りに【尼~ずは】苦戦するが、

何とか数着のドレスを完成させ、

ファッションショーが開催された。

 

途中、飲み物でドレスが汚れるアクシデントがあったものの、

ショーは無事成功。

 

ブランド名は「ジェリーフィッシュ」と名付けられ、

マスコミにも取り上げられた。

 

蔵之介は「ジェリーフィッシュ」のファッションを

大量生産するためにインドの縫製会社に縫製を依頼。

 

縫製会社社長の妹・ニーシャに販売戦略を教わり、

大量生産を始動。

 

プロモーションスペースを借りて

「ジェリーフィッシュ」を出店。

 

そんな中、

アジアでセレクトショップを展開する

カイ・フィッシュ(賀来賢人)が

月海のデザインに目をつけ、

ドレスと月海のデザインを3億円で買い取り、

シンガポールで新ブランドを展開したいと申し出た。

 

蔵之介は断ったが、

天水館の売買契約が成立したと聞かされた月海はカイに連絡し、

シンガポールに行くことを決意する。

 

それを何とか引き留めようとする蔵之介たちだったが、

月海はシンガポール行きの飛行機に搭乗してしまう。

 

間に合わなかったと、

空港で落ち込んでいる蔵之介と修の

後ろに月海が・・・。

 

カイの秘書ファヨンの計らいで

月海は戻ってきた。

 

天水館に戻った月海たちは

月海奪還パーティーを開催。

 

パーティー後、

月海、蔵之介、修の3人になったところで

修がクラゲをデザインしたウエディングリングを

月海に渡し、プロポーズ。

 

月海を取り戻したことで

天水館を出なければならなくなった尼~ず。

 

蔵之介は本格的にファッションの勉強をすると。

 

そこで、ジェリーフィッシュ卒業製作をして

ファッションショーを開催することにした。

 

そして、月海は

「今作りたいものがある。

今は受け取れない。」

と修に指輪を返す。

 

新しいドレスが完成して

江ノ島の水族館でファッションショーが開催された。

 

そこには、蔵之介の実母・リナの姿が・・・。

 

動揺して舞台に立てなくなった蔵之介に代わって

尼~ずがモデルを務めることに。

 

ショーはクライマックスを迎え、

蔵之介と月海が舞台袖に・・・。

 

蔵之介は「愛してる」と告白し、

月海の手を引いてステージへ。

 

ショーが無事成功し、

天水館にもどってきた尼~ずたち。

 

そこへ社長を解任されたカイが現れ、

退職金代わりに天水館をもらったので、

これからは管理人として

ジェリーフィッシュのサポートをすると申し出た。

 

尼~ずたちは、蔵之介が勉強して戻ってくるまで

服を作って待ってることに・・・

 

その後、蔵之介は自分が男だと告白。

 

そして、天水館に長年住んでいた漫画家の

目白先生もなんと男だった。

 

目白先生は、千絵子さんに一目惚れし、

自分以外の男は天水館に住まわせないように

したのでした。

 

 

原作本だと蔵之介は天水館で

月海と一緒に暮らすようですが、

ドラマでは、

ニューヨークにファッションの勉強に行きます。

 

スポンサードリンク



 

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です