『隣の家族は青く見える』の意味は?あらすじは?無料動画見逃し配信は?オススメ視聴方法

2018年1月18日スタートした

深田恭子主演のフジテレビの木曜劇場は、

コーポラティブハウスに住む家族達の葛藤と成長を

ハートフルに描くヒューマンドラマ『隣の家族は青く見える』。

 

今回は、『隣の家族は青く見える』のあらすじは?

『隣の家族は青く見える』意味?

『隣の家族は青く見える』の見逃し配信は?

 

などについてお届けします。

 

 

『隣の家族は青く見える』あらすじ

深田恭子さんが演じる主人公の

五十嵐奈々(いがらし・なな、35歳)は、

スキューバダイビングのインストラクターをしている

活発な妻。

 

そして、松山ケンイチさんが演じる

奈々の夫で中堅玩具メーカーに勤める

五十嵐大器(いがらし・だいき、32歳)は、

心優しいけどちょっと頼りない夫。

 

そんな二人は、小さなアパートで

住宅購入のための資金を貯めながら

二人きりの生活を楽しんでいましたが、

“コーポラティブハウス”を購入したことをきっかけに、

大器の母が心待ちにしていた子作りをスタートします。

 

ところが、そう簡単には子どもは授からず…。

 

ふたりは子どもを作ることが

どんなに大変なことなのかを痛感しつつも、

妊活に立ち向かっていきます。

 

コーポラティブハウスに住むのは

“子どもが欲しいカップル”奈々・大器夫婦と

“子どもが欲しくない女性とバツイチ男性のカップル”

“子どもと理想の家族像に執着する主婦と会社を辞めてしまった夫のカップル”

“子どもを持つことを真剣に考える男性同士のカップル”

など、それぞれ現代的な悩みを抱えた家族たち。

 

コーポラティブハウスでは

共同空間を共にすることからプライバシーが保ちづらく

家族構成や互いの問題があけすけになるという

“隣の芝生は青く見える”状態の中で、

主人公の奈々は夫の大器とともに、

個性的な隣人たちや、

大器の両親、奈々の実の母親らが起こす大騒動に

巻き込まれて行くことに・・・

 

お年玉企画事前告知バナー(1229~1231)

 

『隣の家族は青く見える』の意味は?

『隣の家族は青く見える』というのは、

「隣の芝生は青く見える」ということだと思いますが、

 

 隣の芝生は青い」とは、

 

「The grass is always greener on the other side of the fence. 」

 

を訳したもので、

 

「何でも他人のものはよく見えるものである。」という意味。

 

コトバンク(デジタル大辞泉)より

 

 

「隣の花は赤い」とか「他人の飯は白い」、

「隣の糂粏味噌(じんだみそ)」とも言うそうです。

 

ちなみに、糂粏味噌(じんだみそ)とは「ぬかみそ」のこと。

 

ところで、なぜ

「となりの芝生・・・」ではなく、

『隣の家族は青く見える』なのでしょうか?

 

 

これは、私の勝手な推測ですが、

コーポラティブハウスでは、共同の中庭はあるものの

それぞれの家に庭がないから、

ストレートに『隣の家族は青く見える』という

表現にしたのでは・・・

 

スポンサーリンク



 

『隣の家族は青く見える』を見逃したら?オススメ視聴方法は?

 

『隣の家族は青く見える』を無料でまとめて視聴する方法があるんです!

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】なら、

 

Yahoo!JAPAN IDを利用して登録すると、

通常、月額888円(税抜)がかかる利用料が、

31日間無料になります。

 

Yahoo! JAPAN IDでの登録方法はコチラ

 

このキャンペーンを上手に利用すれば、

『隣の家族は青く見える』を全て無料で視聴することができるんです!

 

もちろん『隣の家族は青く見える』だけでなく、

気になる作品はすべて一気に視聴することができますよ!

 

 

登録は下記より!

↓ ↓ ↓

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

FODプレミアム

※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは2018年6月末に終了しますので、お早めにご登録ください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です