『もみ消して冬』第7話、善財(竹森千人)の婚約者(花乃まりあ)が演じた役柄とは?

山田涼介主演の日テレドラマ

『もみ消して冬』第5話で

北沢家長男・博文の因縁のライバル

善財(竹森千人)の婚約者(写真)で

登場した花乃まりあさんが

第7話で再登場!!

『もみ消して冬』第7話で

花乃まりあさんが演じた役柄についてお届けします。

 

 

『もみ消して冬』第7話のあらすじは?

第6話の最後で、

ライバルの善財(竹森千人)が倒れているのを発見した博文(小沢征悦)。

 

犯行動機があることや

凶器のハンドベルに指紋がついていたことで

犯人ではないかと警察に疑われてしまう。

 

が、

実は、窃盗団の一味だった善財の婚約者が犯人だったと分かり

博文の疑いは晴れたものの、

疑われたことにより、

病院内で人望のなさが明るみに出た。

 

副院長も遠ざかって、

博文は人生初の挫折を味わう。

 

一方、

男らしくない態度を攻められた秀作(山田涼介)は

池江里子(恒松祐里)にフラれてしまう。

 

そして、不幸な秀作なら博文を勇気づけられると

知晶(波留)から励まし役を命じられる。

 

そんな中、

浜野谷院長の家にも出入りしているクリーニング屋・手毛綱(児嶋一哉)が、

院長は人事にポイント制を採用していると言う情報を持ってきた。

 

秀作たちは窃盗団の捜査をする尾関(小瀧望)も巻き込んで、

博文の挽回のためにポイントアップの計画をするが・・・

 

スポンサードリンク



 

『もみ消して冬』第7話、「花乃まりあ」さんの役柄は?

『もみ消して冬』第7話で

「花乃まりあ」さんが演じた役柄は、

多国籍窃盗団「オレンジコアラ」のメンバー・

「水上ルイーザ容疑者」。

 

「300万円相当の結婚指輪と現金、

100万円相当の絵画を盗んで全国指名手配。」

 

と報道されていました。

 


結婚指輪と報道されていましたが、

まだ結婚していないので、

婚約指輪かな・・・

 

100万円の絵画は

浜野谷院長(柴俊夫)が

善財(竹森千人)に結婚祝いとして贈ったものでした。

 

 

SITの尾関(小瀧望)とのアクションシーンもありましたね。

 

結局は捕まってしましました・・・

 

 

「花乃まりあ」さんのプロフィールは?

花乃まりあ(かの まりあ)さんのプロフィールは、

コチラの記事をご覧ください。

 

スポンサードリンク



 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です