ポツンと一軒家、鹿児島県で「十割蕎麦」体験をした“まなちゃん荘”二木さんの場所は?(2022/8/28放送)

2022年8月28日放送のポツンと一軒家は、総集編。

これまでに訪れた数々の『ポツンと一軒家』から、自家製の食材で手料理でおもてなしをしてくれた厳選の3軒が登場!

こちらでは、総集編3軒目に登場した鹿児島県産のそば粉と水で作る「十割蕎麦」のそば打ち体験をした農業体験民泊施設“まなちゃん荘”の二木さんの場所はどこなのかをお届けします。

 

1軒目⇒自分たちで建てたログハウスで暮らす70代のご夫婦!丹精込めて育てた4年もの自然薯を使ったお好み焼きに感激!

2軒目⇒キャベツの魅力を知り尽くした農家のご夫婦が教えてくれたキャベツの美味しい食べ方、そして昔ながらの郷土料理に舌鼓!

 

鹿児島県で「十割蕎麦」の体験をしたの“まなちゃん荘”二木さんの場所は?

山々を見渡す雄大な自然の真っただ中で、鹿児島県産そば粉と水だけで作る贅沢な手打ちそば体験!

2年半前に訪れたのは鹿児島県の山奥にあるポツンと一軒家。3つの山の頂きを見渡すことのできる山の中腹の急な斜面を切り拓いた敷地に山小屋風の平屋が建っていた。そこでにこやかに迎えてくれたのは当時70代のご夫婦。20年ほど前に6000坪の山を購入、当初は人も入れないような鬱蒼とした山だったそうだが、少しずつ開拓し、ご主人が幼い頃にあこがれていた“秘密基地”のような一軒家を完成させたという。
そんなご主人が定年退職後に始めたのが、中学生の修学旅行生に向けた農業体験。訪れた中学生たちと一緒に畑で野菜を収穫し、囲炉裏を囲んで食事をするという民泊施設として人気だという。さらに、中学生からも好評という“手打ちそば体験”を捜索隊が挑戦させてもらうことに!つなぎを一切使わない鹿児島県産そば粉と水だけで作る「十割蕎麦」の打ち方を、水回し、練り、のし、たたみといった工程をイチから教えてもらう。果たして自ら打った「十割蕎麦」のお味は?

 

こちらは、2020年4月19日に放送された鹿児島県南さつま市の山奥の二木眞一(ふたき しんいち)さんの秘密基地「まなちゃん荘」。

農業体験の修学旅行生を受け入れている民泊施設でもあり、雨で農作業できないときは、そば打ち体験をしているとのことでした。

 

ポツンと一軒家、鹿児島県南さつま市の「まなちゃん荘」の二木さんの場所はどこ(2020/4/19放送)

〒899-3401 鹿児島県南さつま市金峰町大野(Yahoo!地図で見る

↓  ↓  ↓

 

スポンサーリンク



 

『ポツンと一軒家』見逃し放送は?

『ポツンと一軒家』は、放送終了から1週間は“Tver”で視聴することができます。

 

「Amazonプライムビデオ」、「Amazonプライムビデオ(ABCオンデマンド)」では、

過去の放送分をまとめて視聴することができます。

 

※本ページの情報は記事更新時点のものです。

最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

 

スポンサーリンク

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。