ポツンと一軒家、熊本県で「だご汁」を振舞ったキャベツ農家二子石産業の場所は?(2022/8/28放送) 

2022年8月28日放送のポツンと一軒家は、総集編。

これまでに訪れた数々の『ポツンと一軒家』から、自家製の食材で手料理でおもてなしをしてくれた厳選の3軒が登場!

こちらでは、総集編2軒目に登場した熊本県で郷土料理の「だご汁」をごちそうしてくれたキャベツ農家の二子石さんのポツンと一軒家の場所はどこなのかをお届けします。

 

1軒目⇒自分たちで建てたログハウスで暮らす70代のご夫婦!丹精込めて育てた4年もの自然薯を使ったお好み焼きに感激!

3軒目⇒山々を見渡す雄大な自然の真っただ中で、鹿児島県産そば粉と水だけで作る贅沢な手打ちそば体験!

 

熊本県で「だご汁」振舞ってくれたキャベツ農家の二子石さんの場所は?

キャベツの魅力を知り尽くした農家のご夫婦が教えてくれたキャベツの美味しい食べ方、そして昔ながらの郷土料理に舌鼓!

1年半前に訪れた熊本県の山奥にあるポツンと一軒家。周囲に建物がない山並みの一角を切り拓いた場所に大きな平屋の家と広大な畑が広がっていた。そこで暮らしていたのは82歳のご主人と、77歳の奥様のご夫婦(年齢は放送当時)。戦後まもなく中国から引き揚げてきた父が、この地に移り住み、山を開拓して家を建てたのだという。「当時は食糧難で、父は“これからの日本は農業だ”と話していました」と語るのはご主人。
当初は雑穀や小麦を生産していたが、時代とともに作物も変化していったという。そんな中、「初めて作ったキャベツの美味しさに感激して、それから取り憑かれましたね(笑)」とご主人はにっこり語る。以来、キャベツ農家となり、現在では夫婦で20ヘクタール以上もの農地で12品種ものキャベツを育てている。
捜索隊はご夫婦からキャベツの美味しい食べ方を教えてもらいつつ、熊本県の郷土料理「だご汁」を振る舞ってもらうことに。大根や人参、干し椎茸といった食材に加え、大豆から手作りした味噌などすべて自家製の食材を使った「だご汁」とは?

 

こちらは、2021年2月14日放送された熊本県熊本県阿蘇郡高森町にあるキャベツ農家(二子石産業)の二子石 顕(ふたごいし あきら)さん(82歳)と妻のツヤ子さん(77歳)のポツンと一軒家。

ポツンと一軒家、熊本県阿蘇郡高森町の二子石産業(キャベツ農家)の場所はどこ?(2021/2/14放送)

〒869-1815 熊本県阿蘇郡高森町下切144(Yahoo!地図で見る

(くまもとけん あそぐん たかもりまち したぎり)

↓  ↓  ↓

 

 

スポンサーリンク



『ポツンと一軒家』見逃し放送は?

『ポツンと一軒家』は、放送終了から1週間は“Tver”で視聴することができます。

 

「Amazonプライムビデオ」、「Amazonプライムビデオ(ABCオンデマンド)」では、

過去の放送分をまとめて視聴することができます。

 

※本ページの情報は記事更新時点のものです。

最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

 

スポンサーリンク

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。