ポツンと一軒家、和歌山県の「自然薯お好み焼き」の久保さんの場所は?(2022/8/28放送)

2022年8月28日放送のポツンと一軒家は、総集編。

これまでに訪れた数々の『ポツンと一軒家』から、自家製の食材で手料理でおもてなしをしてくれた厳選の3軒が登場!

こちらでは、総集編1軒目に登場した和歌山県で自然薯を使った「お好み焼き」をごちそうしてくれた久保さんのポツンと一軒家の場所はどこなのかをお届けします。

 

2軒目⇒キャベツの魅力を知り尽くした農家のご夫婦が教えてくれたキャベツの美味しい食べ方、そして昔ながらの郷土料理に舌鼓!

3軒目⇒山々を見渡す雄大な自然の真っただ中で、鹿児島県産そば粉と水だけで作る贅沢な手打ちそば体験!

 

和歌山県で自然薯の「お好み焼き」をごちそうしてくれた久保さんの場所は?

自分たちで建てたログハウスで暮らす70代のご夫婦!丹精込めて育てた4年もの自然薯を使ったお好み焼きに感激!

1年半前に訪れた和歌山県の山の奥にあるポツンと一軒家。そこは、標高700メートルの山の中腹、大きく切り拓かれた山の斜面に、瓦葺きの三角屋根の建物と広大な段々畑が広がっていた。そこで暮らしていたのは当時70代のご夫婦。100年以上前に祖父がおよそ1500坪の山を購入して開拓したという。現在のログハウス風の母屋は足掛け10年をかけて夫婦ふたりで建てたというから驚きだ。
かつては、家の近くにウナギが生息するほどのきれいな沢があり、豊富な水量で棚田を潤していたという。しかし、水が枯れた現在は棚田を畑にして、出荷用のジャガイモや里芋、自然薯などを育てている。捜索隊は、夫婦の手によってていねいに育てられた4年ものの自然薯を使った“お好み焼き”をごちそうしてもらうことに。粘りが強いため、小麦粉を使わなくてもふっくらと焼き上がるという。捜索隊も感激した、自然薯を贅沢に使った“お好み焼き”とは!?

こちらは、2021年3月28日に放送された和歌山県田辺市にある久保重廣さんと奥様の千恵子さんが暮らす一軒家。

衛星写真の一軒家へは土砂崩れで行けず、区長さんが紹介してくれた一軒家でした。

ポツンと一軒家、和歌山県田辺市にある元大工の久保さんの場所はどこ?(2021/3/28放送)

〒646-1412 和歌山県田辺市中辺路町石船155(Yahoo!地図で見る

(わかやまけん たなべし なかへちちょういしぶり )

↓  ↓  ↓

 

スポンサーリンク



 

『ポツンと一軒家』見逃し放送は?

『ポツンと一軒家』は、放送終了から1週間は“Tver”で視聴することができます。

 

「Amazonプライムビデオ」、「Amazonプライムビデオ(ABCオンデマンド)」では、

過去の放送分をまとめて視聴することができます。

 

※本ページの情報は記事更新時点のものです。

最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

 

スポンサーリンク

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。