ポツンと一軒家、宮崎県椎葉村の的射で「神の的」を365年使い続けている那須義定さんの場所は?(2022/5/8放送)

こちらでは、2022年5月8日放送の

宮崎県東臼杵郡椎葉村の山奥で「神の的」を365年使い続けている那須義定さんの「ポツンと一軒家」の場所はどこなのか?

那須さんは、どんな所でどんな暮らしをしているのか?

神事「的射(まとい)」、「神の的」とはどのようなのもなのか?

ネタバレや見どころについてもお届けします。

『ポツンと一軒家』宮崎県椎葉村の木の実(無患子)石鹸がある広末さんの場所はどこ?(2022/5/15放送)

『ポツンと一軒家』宮崎県椎葉村で的射の弓矢を手作りしているの那須芳隆の場所はどこ?(2022/4/3放送)

『ポツンと一軒家』宮崎県東臼杵郡美郷町の日向備長炭「竹見野の樹」の日高さんの場所はどこ?(2021/1/24放送)

『ポツンと一軒家』宮崎のモトクロス場の宿泊施設、佐藤さんの場所はどこ?ライダーハウス基本情報あり(2018/11/4放送)

 

「ポツンと一軒家」、5月8日の放送は?

2022年5月8日放送の『ポツンと一軒家』の放送時間は、19時58分から。

 

MC:所ジョージ

パネラー:林修

ゲスト:渡辺正行・吉本実憂

ナレーション:緒方賢一・小山茉美

 

渡辺正行は

「別荘の下見をしていたときに、山の中って昼間はいいんだけど、夜見ると真っ暗の暗闇でしょ?もう怖くって、オバケが…」

とおもむろに告白。

 

所ジョージが

「いい年してオバケが怖いの!?」

とツッコむと渡辺正行は

「真っ暗だとオバケ出てきそうで怖いんです」

と苦笑い。

 

一方、吉本実憂は

「老後はポツンと一軒家に住みたいんです!」

と話す。

 

スポンサーリンク



 

宮崎県にあるポツンと一軒家とは?

宮崎県、熊本との県境近くにある山奥で一軒家を発見!

 

林修が

「鬱蒼とした森の中にある建物ですね…」

と語るとおり、建物の周囲には森しか見当たらない。

 

渡辺正行が

「イノシシが出そうだなあ」

と話すと北九州出身の吉本実憂は

「宮崎といえばマンゴーなので、なにか果物を育てていてほしいですね。イチゴとか!」

とフルーツ農園の登場に期待していた。

 

今回の一軒家は、以前に訪れた宮崎県の『ポツンと一軒家』(2022年4月3日放送)に登場した、「的射(まとい)」という神事にも参加しているという那須芳隆さん(71歳)から教えてもらった一軒家。

ポツンと一軒家、宮崎県椎葉村で的射の弓矢を手作りしているの那須さんの場所はどこ?(2022/4/3放送)

 

那須芳隆さんの一軒家も山深い場所にあったのだが、那須さんから紹介された一軒家は、別の山の山頂付近にポツンと建つ家なのだという。

那須さんから一軒家までの行き方を教えてもらった捜索隊は山を下り、別の山へと入る道を目指すことに。

集落から山へと入る道の目印は、山頂付近に建っている大きなアンテナ。

山を見上げると、確かにアンテナを確認することができたのだが、麓から見上げると山肌には木々しか見えない。

捜索隊は「あんな所に家があるんですか?」と不安に駆られながらも山を登っていく。

その道は急坂のつづら折りが続く山道で、捜索隊も「スゴい所に家があるんですね…」と息を呑みながら進むほど。

スタジオで見ていた所も「これはすごい場所に道路を作りましたね!」と驚くばかり。

深い森を抜け山頂付近までくるとついに目印のアンテナを間近に確認、その少し下った所に立派な一軒家が建っていた!

 

訪ねてみると、ポツンと一軒家にいたのは義定さんのお母さん。

今、山に仕事に行っているとのことで、夕方再訪問。

 

「とうとう、ついに来たか(ニヤリ)」と捜索隊を迎えてくれたのは、那須義定さん(65歳)。

 

そこは、義定さんの生家。

那須家は代々林業を生業としていた。

 

義定さんも林業と黒毛和牛の繁殖で生計を立てて来たそう。

 

さらに話を聞くと、那須義定さんも「的射」に参加しており、その“合同練習”を見学させてもらうことに!

 

「的射」はこの地域で400年ほど続く神事で、365年ものあいだ使い続けられているという「神の的」も見せてもらうことに!

 

スポンサーリンク



 

宮崎県にあるポツンと一軒家の場所は?

2022年5月8日放送の宮崎県にあるポツンと一軒家の場所は、

 

〒883-1603 宮崎県東臼杵郡椎葉村不土野

(みやざきけん ひがしうすきぐん しいばそん ふどの)

↓  ↓  ↓

宮崎県北西部にある椎葉村(しいばそん)は、人口 が約2,400人。

その多くが「椎葉(しいば)さん」と「那須(なす)さん」らしいです。

 

的射の神事 について

山々に山桜が白くほんのりと咲き始める頃、椎葉の里では春祭りとして的射が始まる。的射とは奉射神事のことで、1年の災厄を避けるために行われる。正月から春にかけては全国的に奉謝神事が行われる。椎葉の的射はその流れを汲むものだが、ここには「神の的」という特殊な的が作られるのが特徴的である。

栂尾では各家の家族の人数分の的を、正月の注連飾りに使ったトビ紙を用いて作る。古枝尾では250年間使い続けた的を使い、尾前、向山地区では小さな紙製の的を作る。小崎では大的を祭壇と共に祀ったあと弓を放つ。弓は桃の木で作り、的の裏には星形の紐を結ぶ。星形は五芒星と言って、陰陽師や修験者が用いる魔よけのための印である。不土野では桃の弓と茅の矢を用いる。桃の弓・茅の矢・星形の紐、これらはすべて魔よけのための用具なのである。

ここでは戦前頃まで千矢の立願と称して、病気平癒を祈り願が成就すると千本の茅の矢を的に射る儀式があった。神の的の儀式のあとには、村人全員が的射を楽しむ。とは言っても、古くからのルールがあり、複雑な作法もあり口上が飛び交う。春節や的射節などもこのときに歌われるものである。春祭りは、家族や村に1年間災いが来ないように祈願するための祭りである。

@椎葉村伝統文化活性化事業実行委員会HPより

 

「神の的」とは

尾前・向山日添・向山日当・尾手納の神の的:4月初めの土日に行われる。ゼンマイの芽のような形の小さな神の的を一つ作る。大勢の射手が矢を放つが、的が極小なため、なかなか当たらない。幸運にも神の的を射貫いた者が、これを持ち帰ることができる。
不土野の神の的:旧暦3月3日。竹の支柱に大的を一つ取り付ける。小的は月の数分(例年12枚、閏年13枚)作られ、茅の矢を1年の日数分作る。まず、竹の小弓で神の的の四隅の外側を射て、最後に的の中心部を射貫く。さらに、大的の前に小的をかざして、桃の小枝で作られた弓を用いて、茅の矢を次々と放ち、全ての矢を射ていく。病気平癒のガンジョウゼ(願成就)で「千矢の立願」という作法があり、このときは千本の茅の矢を放った。
栂尾の的射:1月15日。中山・尾崎・栂尾の3地区が毎年交代で行う。神の的は各家が正月の注連飾りのトビ紙を用い、家族の人数分の的を作って一所に集め、これに矢を放ち、悪魔祓とする。的のことを「鬼の眼(まなこ)」と呼んでいる。
小崎の神の的:旧暦2月15日。現在は春分の日。小崎神社の境内に神の的を作り、御幣を立てる。二人が舞衣を着し、矢を放つ。この後、各自が持参した小的を竹竿に代わる代わる吊るして、茅の矢で射貫く。神の的、小的ともに、裏側には紐で星印(五芒星)に結んでいる。
大薮・大桑の木の神の的:旧暦2月1日。現在は中絶。モロメギ(いぬがや)の枝を2本立て、大的を1個掛ける。各自作った小的を各々の枝に引っかける。大的を射るのは桃の弓と竹の矢。小的を射るのは竹の弓と茅の弓を放つ。的の中心部の黒丸のことを鬼の目を称している。

@椎葉村伝統文化活性化事業実行委員会HPより

椎葉村の神事「的射」は毎年4月に行われているようなので、放送では「的射」の練習風景だけでなく本番の「的射」の様子も見ることができたらいいですね。

 

スポンサーリンク



 

『ポツンと一軒家』見逃し放送は?

『ポツンと一軒家』は、放送終了から1週間は“Tver”で視聴することができます。

 

「Amazonプライムビデオ」、「Amazonプライムビデオ(ABCオンデマンド)」では、

過去の放送分をまとめて視聴することができます。

 

※本ページの情報は記事更新時点のものです。

最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

 

スポンサーリンク

3件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です