ポツンと一軒家、愛知県新城市の場所はどこ?演習林宿泊施設?ネタバレも!(2021/6/27放送)

こちらでは、2021年6月27日放送の

愛知県新城市の山奥にある「ポツンと一軒家」の場所はどこなのか?

どんな所で、どんな暮らしをしている方が住んでいるのか?

演習林宿泊施設なのか?

2年ぶりに訪れたポツンと一軒家はどこなのか?

ネタバレや見どころについてもお届けします。

 

「ポツンと一軒家」6月27日の放送は?

2021年6月27日放送の『ポツンと一軒家』の放送時間は、19時58分から。

 

MC:所ジョージ

パネラー:林修

ゲスト:井森美幸・山里亮太

ナレーション:緒方賢一・小山茉美

 

井森美幸は

「かなりのどかな、素朴な所に行くじゃないですか。自分の地元もそうなので、椎茸のコマ打ちとかも手伝っていたので、すごく馴染みがある番組です」

と語る。

 

山里亮太は

「最近、植物を愛せるようになってきて今は鉢植えなんですが、地植えもやりたいと思っています」

ポツンと一軒家での暮らしぶりに興味津々の様子。

 

スポンサーリンク



 

愛知県にあるポツンと一軒家とは?

愛知県の深い山の中、森に埋もれるように建物を発見!

 

衛星写真で確認すると周囲は木々で埋め尽くされているように見える。

 

情報1⇒ 寄棟造りの大きな屋根

情報2⇒ 道らしきものはある

情報3⇒ 周囲に田畑はない

 

田畑はないから農家ではなさそうという一同。

 

井森美幸は

「断食道場とか、何かの施設では?」

と予想。

 

山里亮太は

「何かの研究施設では?」

と予想。

 

林修は

「これはお寺ですよ、この辺りは山岳仏教でお寺がいっぱいありますから」

と自信満々の予想。

 

捜索VTRスタート。

 

捜索隊は岩肌がむき出しになっている山々の雄大な景色を見渡すことのできる最寄りの集落へ。

 

最初に出会った女性は「わかりかねます」との返答。

 

この辺は人がいないと言われ不安になったがすく近くに男性が立っていて、衛星写真を確認してもらうと心当たりがある様子。

 

話を聞けば、アンジョウ農林高校が所有している“演習林”の中にある宿泊施設だという。

 

捜索隊は直接確認するために、建物まで行くことを決めるが、その道のりは地元の人でも「かなりひどい道だよ。途中に手彫りのトンネルがあって、そこもかなり狭いですよ」というほどの悪路のようだ。

 

しかし、「車でも行けるとは思うんだけど…」という情報を得たことで、捜索隊は建物を目指すことに。

 

集落から山へと向かう道に入ると、豪快な岩山の絶景が眼前に映し出された。

 

「これは本当に雄大な山の景色ですね」と捜索隊も目を奪われる中、その岩肌の山を素掘りしたようなゴツゴツのトンネルが。

 

100年以上前に掘られたというトンネルで、車1台がギリギリ通れるような幅しかない。

 

なんとかトンネルを抜け山道へと入るが、今度は道には見えないような荒れ地にわだちが残っているだけだ。

 

捜索隊はわだちに沿って慎重に車を走らせる。

 

その道なき道を進むと「立入禁止」と書かれた鉄のゲートが!立ち往生する捜索隊は、集落の男性から教えてもらった学校へ電話連絡を試みる。

 

「衛星写真を見せていただいて確認を取らせてもらいたい」と言われた捜索隊は、80㎞離れたところにある安城農林高校へ向かうことに。

 

そして約1時間半後、愛知県立安城農林高等学校に到着。

 

森林環境課学科主任の栗原さんに衛星写真を確認してもらうと、「確かに本校の第二演習林の宿舎に間違いないです」との答え。

 

施設を案内してもらうことに。

 

先ほど“立入禁止”となっていた赤いゲート(県の保有林入口)ととは別の高校専用のゲートを開けてもらい、国定公園に指定されているという保有林へ。

 

“板敷”になっている川に架かる橋を渡って走ること20分、目的の建物を発見。

 

築42年になるこの建物は各学年、年2回ずつ2泊3日の実習を行う際に利用されており、生徒40人が宿泊できるそうだ。

 

安城農林高校がこの演習林を設けたのは大正12年。当初はテントで野営していたそう。

 

建物の中に入ると、まずはたくさんの下駄箱。

 

そして廊下の両側に部屋あり、手前が教員の管理室、その奥が生徒たちの部屋になっていて12畳の部屋に生徒が8人ずつ宿泊するのだそう。

 

食事は調理室で先生たちが作り、隣の食堂で食べるのだというが、今年度はコロナのため日帰り実習にしているとのこと。

 

食堂には林業の現場で使われている機械や道具も展示されていた。

 

宿舎の北側には炭窯があり、林業学習の一端で炭を作ったり、椎茸の原木栽培も行っているそうだ。

 

愛知県の豊かな自然が広がる深い山の中で見つけたポツンと一軒家は、日本の林業の未来に欠かせない大切な場所でした。

 

スポンサーリンク



 

さらに、建物の捜索を終えた捜索隊は、「実は寄ってみたい場所があるんです」と、車を走らせること1時間、意外な場所へ立ち寄ることに。

 

そこは、かつて訪れたポツンと一軒家。

 

2019年7月14日放送で登場した今泉さんのお宅。

今泉さんのポツンと一軒家はコチラ

 

携帯電話の電波も届かない山奥で家族と離れ、実家で一人暮らしをしていた今泉さん。

 

母が残した広い田畑を一人で管理しながら、里山の自然も守っていた。

 

タダでもらった廃材の浴槽に湧水を貯めてアマゴを育て、塩焼きをごちそうしてくれた。

 

当時「露天風呂とログハウスを作るのが夢なんです」と語っていたが、あれから2年、ポツンと一軒家の様子は!?

 

捜索隊が訪ねると、元気に登場した今泉さん。

 

友人が遊びに来ていた。

 

「放送後、変わったことは?」と捜索隊が聞くと、携帯電話が通じるようなったという。

 

「あと、露天風呂が・・・」と、捜索隊を丸太小屋に案内。

 

そこには、“ポツンとの湯”と書かれた看板が!

 

今泉さんはもらった廃材や建具を使ってお風呂を作っていた。

 

材料を提供してくれる人と手伝ってくれる人がいたから2年で出来たという。

 

当初は露天風呂の予定だったが、上の道から風呂が見えるのと雨の日のことを考えて屋根を付けたそう。

 

そして、お風呂以外にも変化が・・・

 

2年前は塩焼きにして食べさせてくれたアマゴ。

 

今度は甘露煮にして真空パックにしたとのこと。

 

そして甘露煮をおかずにご飯をいただく捜索隊。

 

更なる野望を今泉さんに聞くと、高齢者でもお金をかけずに簡単にできる鳥獣対策を考え、形にしたいとのこと。

 

簡単にできることではないけれど、夢の実現に向けて気力も体力も充実した68歳。

 

また数年後、訪ねるのが楽しみですね。

 

スポンサーリンク



 

愛知県新城市にあるポツンと一軒家の場所は?

愛知県新城市にあるポツンと一軒家の場所は・・・

 

今回衛星写真で見つけたのは、

〒441-1944 愛知県新城市門谷鳳来寺

↓  ↓  ↓

予告映像の冒頭に写っていた場所。

 

愛知県立安城農林高等学校第二演習農林宿泊施設。

 

そして、

2019年7月14日放送に登場した今泉さんのポツンと一軒家の場所は、予告映像の後半に出ていた場所。

 

〒441-1533 愛知県新城市作手荒原32

↓  ↓  ↓

 

愛知県東部に位置する新城市は、新城市、鳳来町、作手村が合併し、平成17年10月1日に誕生しました。

 

市の84%は、三河山間部を形成する豊かな緑に覆われ、東三河一帯の水源の役割を果たしています。

 

新城市公式HPはコチラ

 

また、桜・紅葉が美しく、「三河の嵐山」とも呼ばれる桜淵公園や、霊鳥仏法僧(コノハズク)の棲む山として全国的に知られ、国の名勝に指定されている鳳来寺山など、市域に広がる国定公園・県立公園の指定区域には、特徴ある地形や豊かな植生、美しい景観が点在して訪れる人を魅了しています。

 

夏には、涼しくレジャースポットとして人気のある作手高原が訪れる人を魅了しています。

 

新城市観光協会公式サイトはコチラ

 

スポンサーリンク

 

『ポツンと一軒家』見逃し放送は?

『ポツンと一軒家』は、放送終了から1週間はTverで

視聴することができます。

 

Amazonプライムビデオでは、

過去の放送分をまとめて視聴することができます。

 

※本ページの情報は記事更新時点のものです。

最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

 

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です