ポツンと一軒家、静岡県中央部(2019/4/21)の場所はどこ?

こちらでは、

2019年4月21日放送の静岡県にある

「ポツンと一軒家」の場所はどこなのか

どんな所かについてお届けします。




「ポツンと一軒家」4月21日放送は?

2019年4月21日放送の『ポツンと一軒家』の放送時間は、

19時58分から20時54分。

 

MC:所ジョージ

パネラー:林修

ゲスト:雛形あきこ、魔裟斗

ナレーション:キートン山田、小山茉美

 

静岡県中央部にあるポツンと一軒家とは?

静岡県の中央部あたりの山の中に鮮やかな青い屋根の建物を発見。

三角形ぽい敷地で急斜面の立地。

鮮やかな青い屋根。

段々畑のようなものも・・・。

 

雛形あきこは

「私が憧れているようなご家族が暮らしているのでは?若い人たちが移り住んで自給自足している若めのご夫婦じゃないかな」

と妄想を。

 

一方で、魔裟斗は

「静岡なのでお茶畑なんじゃないかな」

と。

 

捜索隊はお茶畑が広がる最寄りの集落で聞き込みを開始。

地元の人の話によると

「これは山向かいの一軒家だな。ここの集落からは道がないよ」と、

最寄りの集落ではないことが発覚!

 

ここから2キロほど離れたところに最寄りの集落があるという情報を得て、

早速その集落を目指すことに。

 

集落に入ると平飼いの鶏を育てている鶏舎を発見。

 

そこで話を聞くと山へと抜ける一本道を進んだ突き当りに一軒家はあるという。

 

しかし、

その道は地元の人でも「急勾配の険しい道」というほどの難所。

 

貴重な有精卵の卵かけご飯をごちそうになった捜索隊は、意を決して山道へ。

 

その途中、

細い山道を進むと対向車が!

 

車を停めて、

その対向車の運転手に衛星写真を確認してもらうと

「これは俺の小屋だよ!」と、

思いがけず一軒家の持ち主・大塚匠さんと出会う。

 

しかも、

山を下りるところを引き換えして案内してくれた。

 

大塚さんは平成5年に地主さんから

「好きなようにやっていい」と言われ、

山の急斜面を自力で開墾して段々畑を作り、

小屋には裏山の沢の水を引いて生活用水として利用。

 

野菜の収穫時期には仲間を呼んで、

旬の味覚を振る舞うのだそう。

 

廃材をもらって自力で建てた小屋の中には、

仮眠できる休憩所も。

 

ここは、大塚さんが25年かけて作り上げた「癒しの楽園」でした。

 

スポンサーリンク




 

静岡県中央部にあるポツンと一軒家の場所は?

静岡県中央部にあるポツンと一軒家の場所は、

「〒421-1101 静岡県藤枝市岡部町玉取」

 

屋根の色が青いのは、

大塚さんが晴れた空の色「青」が好きというとこのようでした。

 

ポツンと一軒家、京都府(2019/4/21)の場所はどこ?自転車屋 近藤商会も気になる!!

 

スポンサーリンク

 

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です