『ポツンと一軒家』和歌山県の場所はどこ?(2019/3/10放送)

2019年3月10日放送の

和歌山の『ポツンと一軒家』に登場した

「国有林の営林署」や「HRK」、

「黒ヤギを飼っている一軒家」が

どこにあるのかを調べてみました。




和歌山県にある『ポツンと一軒家』とは?

番組初登場となる和歌山県。

 

山々に囲まれた中にポツンと一軒家を発見。

 

大きな崖に隣接した場所に建ち、

その周囲には道路が一切確認できない。

 

泉谷しげる

「自然が好きな人しか考えられない」

林修は、切り開かれた三日月のような形から

「こんなふうに切り開かれているっていうのは、

「ナイキの保養所」」

と冗談を言い、突っ込まれる。

 

捜索隊は向かった最寄りの集落で、

早速リサーチを開始。

 

しかし、

「こんな家は知らんな、初めて見た!」

と地元の人でも全く見当がつかないという。

 

さらに聞き込みを続けるが

集落に長く暮らす高齢の男性でさえ

「これは難しいのぉ、これは…」

と一軒家のことを知らない人ばかり。

 

その中のひとりが一軒家と集落の間にある煙突に着目。

 

しかし、

「この集落にこんな煙突はないで」

と情報はゼロのまま。

 

そこへ、先に道を尋ねた男性がやって来て、

「それは煙突じゃなくて、橋だ」

と言い、

そのあたりは国有林だから

国有林の営林署ではないかと・・・。

 

そんな中、

一軒家へとつながる道を知っている人が、

険しい山道で歩いて登るしか無いが、

その入口までは案内してくれることに。

 

早速その山道の入口へと向かうが、

道にはチェーンがかけられてあり、

関係者以外立ち入り禁止の看板が…。

 

管理者へ連絡をしてみると、

その一軒家は「国有林の資材置き場」とのこと。

スポンサーリンク



 

『ポツンと一軒家』捜索中に登場した「国有林の資材置き場」の場所は?

↓ ↓ ↓「国有林の資材置き場」の場所はコチラ ↓ ↓ ↓


なんと、リサーチは振り出しへと戻ってしまう。

 

途方に暮れていた捜索隊のもとへ、

先ほど最寄りの集落で話を聞いた住民から、

別のポツンと一軒家の情報が入る。

 

翌日、

一軒家までの道順を聞き、

その場所を衛星写真で確認してみると

確かにそこには雄大な大自然の真っ只中に

一軒家が確認できた。

 

捜索隊は、

犬と黒ヤギを飼っているという一軒家を

改めて目指す。

 

途中、道端にいた男性に一軒家について聞くと、

炭焼きをしているツチヤマさんが住んでいる家という情報が・・・

 

そして、

「HRK」という看板があるので

それを目指して行けばいいと教えてくれた。

 

ようやく、

一軒家にたどり着いたと思った捜索隊だったが、

そこは屋根がたくさんあって、

衛星写真とは違う。

 

そこは、

「キャンプランドHRK」、

廃業したオートキャンプ場だった。

 

スポンサーリンク

 

『ポツンと一軒家』捜索中に登場した「キャンプランドHRK」の場所は?

 

和歌山の『ポツンと一軒家』の場所は?

3月10日登場した和歌山県の『ポツンと一軒家』は

「キャンプランドHRK」の少し奥・・・

⇒ 和歌山県の『ポツンと一軒家』コチラ

 

一軒家の主は土山徹さん44歳。

 

ここで、奥さんと子供と3人で暮らしているという。

 

広い敷地の端に炭焼き小屋が建っていて、

夫は備長炭を作り、

妻は趣味の草木染をやっている。

 

田舎暮らしに憧れて、

9年前、ここに移住

大自然と動物に囲まれて

自給自足に近い生活をしているお宅でした。

 

スポンサーリンク




 

最後に・・・

和歌山のポツンと一軒家で飼われている黒ヤギの両親は

白ヤギなので、地元の新聞に載ったのだそうです。

 

『ポツンと一軒家』は、

放送終了から1週間はTverで

視聴することができます。

 

Amazonプライムビデオでは、

単発特番を含む過去の放送分をまるごと

視聴することができます。

 

スポンサーリンク

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です