『ポツンと一軒家』宮崎県南部にあるログハウスの場所は?(2019/3/3放送)

こちらでは、

2019年3月3日放送の『ポツンと一軒家』に登場した

宮崎県南部にあるログハウスの場所は?

ということで、お届けします。




宮崎県南部にある『ポツンと一軒家』とは?

宮崎県南部のかなり深い山の中に見つかった一軒家は、

シルバーの屋根が印象的な建物。

 

「近代的な建物の感じもするね。別荘かな?」

と、所。

 

武田は

「宮崎県南部でしょ。以前、歌いにこのあたりへと行ったことがあるんですが、川の水がとにかく綺麗!水かさがわからないくらい水が澄んでいるんですよ」

と、当時の思い出を重ねながら衛星写真に見惚れていた。

 

まずは最寄りの集落でリサーチを開始した捜索隊。

 

しかし、

衛星写真を確認しても「こんな建物初めて見る!」と

上空からの写真では見当がつかない様子。

 

そんな中で、

この地域に関して詳しいという人物を紹介してもらい、

その人の元へ。

 

すると、

「これはイワキさんのログハウスじゃ!」

と即答し自作したという巨大地図を見せてくれた。

 

このあたりで渓谷ガイドをしているというその男性は、

渡邊泰己さん。

 

観光客などが渓谷を散策する際に案内をしているのだとか。

 

場所はわかったものの、

ログハウスまでは車で行くことができず、

3.5キロほどの山道を徒歩で行くしかないのだという。

 

かなりの道のりだが、

渓谷ガイドの渡邊が案内してくれるという。

 

車で登山道の入り口まで来ると、

そこは清らかな渓流が道沿いに流れる自然豊かな山道。

 

そこを渡邊さんと共に歩いていく。

 

かつてはトロッコが走っていたそうで、

トロッコが走った形跡を追うように山を登る。

 

その山道を登る途中、

向こうから山道をバイクで下ってくる男性が!

 

その男性こそが一軒家のご主人、岩城守さんだった。

 

お出かけ途中だったが、

快くログハウスへ迎え入れてくれることとなった。

 

昔はそこに3、4件の集落があったが、

今は畑仕事をするために通っていて、

ログハウスは、以前住んでいた実家を解体し

昔植えた杉の木を利用して自分で建てたのだそう。

 

ログハウスの1階は農機具置き場で、

2階は休憩スペースになっていた。

 

山奥でのログハウス暮らしの様子をスタジオで見たAmiは

「子供の頃から自然の中で暮らしたいって思っていたんですけど、これを見たらやっぱり憧れます!」

と感激。

 

スポンサーリンク




 

『ポツンと一軒家』、宮崎県南部にあるログハウスの場所は?

『ポツンと一軒家』に登場した

宮崎県南部のログハウスがある場所は、

宮崎市にある「加江田渓谷」の奥にある

遊歩道を歩いて3.5キロの所。

 

 

上の地図から見つけられなかった方は下をクリック!!

↓  ↓  ↓

>>>宮崎県宮崎市の「ポツンと一軒家」はコチラ<<<

 

スポンサーリンク

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です