『ポツンと一軒家』鹿児島県の和泉梨園の場所はどこ?

こちらでは、1月27日放送の

『ポツンと一軒家』に登場した

鹿児島県の和泉梨園はどんな所か?

どこにあるのかについて、お届けします。




鹿児島県北西部のポツンと一軒家とは?

鹿児島県北西部で発見したポツンと一軒家は、

衛星写真を見てみると、

建物が3棟、

その周りには畑らしきもの・・・

 

ゲストの平泉成さんは、

「この土地は果樹園だね・・・

果樹園だけど、果樹園ではない仕事もしている」

と推察。

 

捜索隊が最寄りの集落で道を尋ねると、

「そこはイズミさん宅だろ・・・

でも、山道はすごく悪いよ。

車で行けるけど大変・・・」

と、地元の人でさえも

「かなりの悪路」と断言するような道のりだという。

 

教えてもらったとおりに山道へ入ると、

どんどん道幅は狭くなって行き、

そしてついには

ガードレールもない崖っぷち。

 

車1台がやっと通れる道を進んでいくと、

アスファルトがひび割れ、

どんどん道が悪くなってきた。

 

するとその先に、

「和泉〇〇」と書かれた看板が・・・

 

「和泉」に続く文字が判明できないが、

看板に書かれた矢印の方に進んで行くと、

重機があり、その奥に

目的の家があった。

 

そして、

山の斜面を切り開いた広大な敷地には、

古い瓦屋根の家がポツンと建っていた。

 

その家に住んでいるのは、

和泉茂さん(70歳)と

奥様の久美(ひさみ)さん(65歳)。

 

泉さんのお宅は元々米農家でしたが

米の収穫がゼロになり、

これはダメだと思った

茂さんのお父様が田んぼの跡に梨を植えたのだそう。

 

それから

梨農家をはじめて30年以上。

 

10年前、

茂さんのお父様が体調を崩してからは、

茂さんと久美さんはここに住み、

梨農家を継ぐことになったそう・・・

 

和泉梨園では、

11種類の梨を作っており、

8月~11月に梨を収穫し、

その後4ヶ月かけて

梨の木の剪定作業をするという暮らし。

 

こうして手塩にかけて作った梨を

麓の直売所や梨狩りで販売して

生計を立てている。

 

二人は、

大自然の脅威にさらされながらも、

懸命にある梨を育てている夫婦でした。

 

スポンサーリンク



 

鹿児島県北西部のポツンと一軒家「和泉梨園」の場所は?

鹿児島県北西部にあるポツンと一軒家「和泉梨園」の場所は、

「鹿児島県薩摩郡さつま町平川」

という所にあると思います。

 

「和泉梨園」の場所はコチラ!!

 

スポンサーリンク

 

最後に・・・

「和泉梨園」では、

後継者がいないというのが

悩みだということでした。

 

道具一式全部揃っているし

わからないことは教えてあげるので、

誰か無条件で

後を継いでくれたらと思っているようでした。

 

農業に興味のある方には

良いチャンスなのでは・・・

 

スポンサーリンク



 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です