『僕らは奇跡でできている』原作は?キャストは?見どころは?

2018年10月9日スタートの

高橋一生さん主演ドラマ

『僕らは奇跡でできている』の

原作は?

キャストは?

見どころは?

ということで、お届けします。

 

スポンサーリンク



 

『僕らは奇跡でできている』とは?

主人公の相河一輝(高橋一生)は、

動物行動学を教える大学講師。

 

大好きな生き物のことや、

自分が気になることについて考え始めると、

周囲には目もくれず没頭してしまう性格のため、

時に人を困らせ、時に苛立たせてしまう

“変わり者”です。

 

しかし、

常識や固定観念に捉われない一輝の言動は、

周囲の人々の価値観を大きく揺さぶり、

いつしか好きなことに夢中になっていた

純真無垢な気持ちを思い出させてくれます。

 

そして、

才色兼備の“こじらせ”女性歯科医

一輝と教授との関係に嫉妬する准教授

周囲と独特の距離を保つ“アリおたく”講師

“普通じゃない”講義に戸惑う学生たち

幼い頃から一輝を見てきた祖父

歯に衣着せぬ物言いの世話焼き家政婦

一輝の理解者で、陽気でユーモアあふれる教授

 

そんな個性豊かな登場人物たちと、

周りに流されず、

ただ自分の好きなことに一生懸命な一輝。

 

そんなやりとりは、

クスッと笑えると共に、

あなたの心に語りかけます。

 

“普通”

“常識”

“当たり前”

あなたは、

そんな目に見えない“ものさし”に縛られていませんか?

 

『僕らは奇跡でできている』は、

ついつい自分を他人と比べてしまうすべての人に贈る、

コミカル・ハートフルドラマです!

 

スポンサーリンク

 

『僕らは奇跡でできている』キャストは?

相河一輝(あいかわ かずき)・・・高橋一生


相河一輝は、

生き物のフシギに目がない変わり者の大学講師。

 

動物や生き物といった興味のあることに関しては

夢中で研究したりする一方で、

不得意なことに関しては後回しにしてしまう悪い癖があり、

時間を守ることが大の苦手である。

 

人の話すらまともに聞くことができないばかりか、

失言も多く、周りを惑わせてしまう。

 

水本育実(みずもと いくみ)・・・榮倉奈々

歯科医師で一輝が通う歯科クリニックの院長。

 

容姿端麗、才色兼備で、

周りからもうらやましがられるような人生のはずですが、

真面目で頑張りすぎてしまうがゆえに正論を言い放ち、

周囲からは冷ややかな目で見られてしまう

“こじらせ気味”な一面も。

 

樫野木聡(かしのき さとし)・・・要潤

一輝と同じ研究室の准教授。

 

野心家で上昇志向が強く、

教授の座を狙うため、

論文作成にいそしむことに加え、

教授にこびを売る男。

 

沼袋順平(ぬまぶくろ じゅんぺい)・・・児嶋一哉

一輝の同僚講師。

 

アリを専門に研究しており、

研究室で何十匹ものアリを飼育、観察している沼袋は、

すべてのアリを識別できるという“アリおたく”。

 

同僚である一輝や、

先輩である樫野木とは常に一定の距離を保っていますが、

研究室では異彩を放っている。

 

相河義高(あいかわ よしたか)・・・田中泯

一輝の祖父であり陶芸家。

 

幼い頃から一輝の面倒を見てきた人物で、

一輝にとって一番の理解者。

 

山田妙子(やまだ たえこ)・・・戸田恵子

一輝の家に住み込みで働く家政婦。

 

好みの味が見つかると同じものを食べ続けたり、

部屋の掃除を断固拒否したりする一輝にあきれつつも、

温かく見守っています。

 

鮫島瞬(さめじま しゅん)・・・小林薫

動物学の権威で一輝が勤める大学の学部長で、

一輝や樫野木が所属する研究室の教授。

 

一輝が大学時代に師事した恩師でもある。

 

丹沢あかり(たんざわ あかり)・・・トリンドル玲奈


育実が院長を務める歯科クリニックに勤務する歯科衛生士。

 

如何なる場合においてもプライベートを優先としており、

仕事を早めに切り上げて帰宅することが多い。

 

時に院長の育実に対しては痛いところをつくことも。

 

スポンサーリンク



 

『僕らは奇跡でできている』原作は?

『僕らは奇跡でできている』の原作本はありません。

 

脚本は、

シナリオライターの橋部敦子(はしべ あつこ)さんが

書き下ろしたものです。

 

橋部敦子さんは、愛知県名古屋市出身。

 

名古屋市立桜台高等学校を経て

学習院女子短期大学卒業後、証券会社に勤務。

 

その後、小劇場のダンサーに・・・。

 

舞台で書いたシナリオを痛烈に批判され、

これをきっかけにシナリオセンターへ通い、

1993年に第6回フジテレビヤングシナリオ大賞で

『喜びの葡萄』が佳作に選ばれました。

 

代表作は、

『僕の生きる道』(2003年、出演:草彅剛、矢田亜希子)

『僕と彼女と彼女の生きる道』(2004年、出演:草彅剛、りょう、小雪、美山加恋)

『僕の歩く道』(2006年、 出演:草彅剛、香里奈)

のいわゆる『僕シリーズ3部作』で、

いずれも関西テレビ制作、フジテレビ系列で放映されましした。

 

他にも

『僕のいた時間』(2014年、フジテレビ系、 出演:三浦春馬、多部未華子、斎藤工)

という“僕”のつく作品があります。

 

最近のドラマでは、

  • 『ゴーストライター』(2015年、フジテレビ)出演:中谷美紀、水川あさみ
  • 『フラジャイル』(2016年、フジテレビ系)出演:長瀬智也、武井咲
  • 『A LIFE〜愛しき人〜』(2017年、TBS)出演:木村拓哉、竹内結子

などがあります。

どちらかというと、

男性が主人公というドラマを

描かれていることが多いようです。

 

スポンサーリンク

 

『僕らは奇跡でできている』見どころは?

高橋一生さんが演じる“変わり者”の大学講師・一輝と、

一輝を取り巻く個性的なキャラクターが織りなす、

クスッと笑えて、最後はほっこりするストーリー。

 

ドラマを盛り上げてくれる主題歌、

SUPER BEAVERの新曲「予感」や

オープニング曲、Shiggy Jr.の新曲「ピュアなソルジャー」も

楽しみですね!!

 

感動作というよりは、

癒されるドラマになりそうな・・・

 

フジテレビ系ドラマは

第1話から最新話まで

【FODプレミアム】

見ることができます!

 

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

 

>>>【FODプレミアム】お申し込みはコチラをクリック<<<

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です