黄昏流星群(ドラマ)意味は?原作は?あらすじは?

2018年10月11日スタートの

フジテレビ木曜劇場『黄昏流星群』の

原作は?

あらすじは?

キャストは?

タイトルの意味は?

ということでお届けします。

 

スポンサーリンク



 

『黄昏流星群』キャストは?

主人公・瀧沢完治・・・佐々木蔵之介

完治の妻・瀧沢真璃子・・・中山美穂

完治の娘・瀧沢美咲・・・石川恋

美咲の婚約者・日野春輝・・・藤井流星(ジャニーズWEST)

 

川本 保・・・礼二(中川家)

 

水原聡美・・・八木亜希子

徳田和夫・・・小野武彦

目黒栞・・・黒木瞳

 

スポンサーリンク

 

『黄昏流星群』あらすじは?

主人公の瀧沢完治(佐々木蔵之介)は、入社以来仕事一筋。

 

金融再編などの荒波の中、

脇目も振らずこつこつと努力を積み上げ

支店長まで登り詰めた銀行員。

 

恋愛の末一緒になった妻の瀧沢真璃子(中山美穂)とも

最近では会話が減り、

年頃の娘・瀧沢美咲(石川恋)とも

距離ができていたものの、

平和な家庭生活とまっとうな人生を

ためらいなく受け入れていました。

 

そんなある日、

完治は理不尽な理由で取引先への出向を突然命じられてしまう。

 

予期せぬ左遷宣告にショックを隠しきれず

「なんだったんだ、俺の会社人生は…」と

仕事一辺倒だった自分の人生に疑問を抱き始めます。

 

どん底に突き落とされ、

自分の人生を見失いかけていた完治がふと目にしたのは、

一枚の雪山のポスターでした。

 

「明日からスイスに行ってくる」家族に出張と偽り、

単身でスイスへ…。

 

傷を癒やすべくスイスアルプスにやってきた完治は、

吹雪の中マッターホルンを目指しゴンドラに乗り混みます。

 

そこへ一人の日本人女性の姿が…。

 

品のあるたたずまい、

知性あふれるその女性・目黒栞(黒木瞳)もまた

単身旅行中でした。

 

雪に包まれた山の頂を月が照らす夜、

他人とは思えないほど意気投合する二人ですが…。

 

一方、

真璃子は夫が浮気をしているかもしれない、

と疑いながらも思いを口にできずにいました。

 

そんな真璃子もまさかの相手、

娘の婚約者・日野春輝(藤井流星)と

禁断の恋に落ちてしまい…。

 

許されない恋、募る思い…。

 

胸の奥にぐっと抑えた男女の“恋”が

ドラマチックに動き出した時、

心揺さぶられる大人たちの物語が幕を開けますーー。

 

スポンサーリンク



 

『黄昏流星群』原作は?

原作は、

1995年から「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で

ロングランで連載されている弘兼憲史氏による

大ヒット漫画「黄昏流星群」。

 

2000年に

文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞するなど

高い評価を受けている名作です。

 

黄昏流星群(1) (ビッグコミックス)

 

『黄昏流星群』は

【FODプレミアム】で読むことができますよ。

 

※無料期間中に

最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

 

【FODプレミアム】登録はコチラ!!

↓  ↓  ↓

原作者の弘兼憲史さんは、

1947年、山口県生まれ。

 

早稲田大学法学部を卒業後、

松下電器産業(現、パナソニック)に3年間勤務ののち、

漫画家として独立。

 

1976年「朝の陽光の中で」で本格デビュー。

 

「人間交差点」で小学館漫画賞(1984年)、

「課長島耕作」で講談社漫画賞 (1991年)。

 

「黄昏流星群」では、

文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(2000年)、

日本漫画家協会賞大賞(2003年)を受賞。

 

2007年には、紫綬褒章を受章されています。

 

ドラマ『黄昏流星群』は、

短編オムニバスとなっている原作の中から

傑作の一つと言われている

第1集「不惑の星」がベースになっています。

 

スポンサーリンク

 

タイトル『黄昏流星群』の意味は?

タイトルとなっている『黄昏流星群』とは、

どんな意味があるのでしょうか?

 

『黄昏流星群』は、

中年・熟年・老年の主人公の恋愛を主軸に

人生観などを描いた短編漫画集です。

 

原作には

『Like Shooting Stars in the Twilight』という

英語のタイトルも付いています。

 

『Like Shooting Stars in the Twilight』を訳すと、

Twilight⇒夕暮れ、たそがれ(時)

Shooting Star⇒流れ星

Starsは複数形なので、流星群。

 

「 たそがれ時の流星群のように 」になると思います。

 

黄昏は、夕暮れだけではなく、

盛りを過ぎて終わりに近づこうとする頃

人生の黄昏時(たそがれどき)を意味する場合もあります。

 

つまり、

『黄昏流星群』には、

「老いゆく過程でも光り輝く」という意味があると思います。

 

スポンサーリンク



 

『黄昏流星群』見どころは?

主人公を演じる佐々木蔵之介さんは、

多くの作品に出演してきていますが、

ラブストーリーの出演は意外と少ないんだそうです。

 

そんな蔵之介さんが満を持して演じるラブストーリー。

 

娘が巣立つ喪失感の中、

主婦の苦悩を繊細に演じながらも、

娘の婚約者に淡い恋心を抱くという役を演じる中山美穂さん。

 

そして、

自分はもう恋愛することはない…

そう思っていたのに、

人生最後の恋に足を踏み入れていく役を演じる黒木瞳さん。

 

黄昏世代のラブストーリーが

どんな結末になるのか楽しみです!!

 

フジテレビ系列のドラマは

【FODプレミアム】

見ることができます!

 

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

 

>>>【FODプレミアム】お申し込みはコチラをクリック<<<

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です