スポンサードリンク

メニューは「中華そば」だけ!花巻で人気の『竹駒』の3つの優しさとは・・・

 

好奇心旺盛な中沢です!

 

食欲も旺盛でしたが、歳とともに・・・

 

 

今日は、すでに多くのメディアやブロガーさんに取り上げられている

メニューが「中華そば」だけというお店「竹駒」さんを

「3つの優しさ」ということで紹介していきます。

 

中華そば「竹駒」はどんなところ?

中華そば「竹駒」は、昭和29年創業。

(中華そばのチェーン店、幸楽苑と同じですね)

 

建物の状況は、おそらく当時のままだと思います。

 

カラカラという引き戸開けると

狭いスペースにテーブル2つ、椅子が3つずつ。

 

卓上には、割り箸立てと胡椒のみ、無造作に置かれてます。

 

真正面はカウンター席で、椅子が4つ。 

 

壁の回りの一部がタイルというのも、昭和の造りなのでしょうね。

 

中華そば「竹駒」は、老婦人がお一人でやっているお店です。

 

中華そば「竹駒」の3つの優しさとは・・・

中華そば「竹駒」の3つの優しさ/その1

若い頃は、とんこつラーメンとか、

背油がたっぷり入ったラーメンが大好きでしたが、

最近は、さっぱりした中華そばや塩ラーメンに

目が行くようになってきました。

 

で、

 

今日紹介する「竹駒」。

 

油が少なく、とても優しい味の中華そばなんです!

 

この優しい味の秘密は、

 

カマドにもあるんじゃないかと私は思っています。

 

そう、「竹駒の中華そば」は

店主のおばあちゃんがカマドで作っています。

 

カマドは2口になっていて、

左側はスープが仕込んであって、

右側で麺を茹でます。

 

1回で作れるのは並盛で3杯、

大盛りならば2杯です。

 

おばあちゃんは注文を受けると、

麺を叩いてほぐし、

カマドに薪を入れます。

そして、麺を投入し、

火力を強めるために団扇でパタパタ・・・

 

その後、秘伝のしょうゆ、魔法の白い粉、

自家製スープをラーメンどんぶりに入れます。

 

麺の茹で時間は長年の感なんでしょうね⁉

 

ちゃんと、チェックもしているようでしたけど・・・

 

麺をスープの中に入れたら、

チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔をのせて

客席へ。

 

 

中華そば「竹駒」の3つの優しさ/その1は、

 

「竹駒」の中華そばは、カマドで作るスープと麺が

優しい味の中華そばだということです。

 

 

中華そば「竹駒」の3つの優しさ/その2

冒頭でも書きましたが、

「竹駒」のメニューは「中華そば」だけ。

 

メニュー表はなく、

店内に「中華そば350円」、「中華そば(大盛)450円」

が貼ってあるだけ。

 

 

注文する際は、

「普通」か「大盛り」かを伝えます。

 

中華そば「竹駒」の3つの優しさ/その2は、

中華そばの値段。

お財布に優しいですよね~

 

貼ってある紙がかなり黄色になっていますから、

しばらくこの値段でやっているんでしょうね・・・

 

 

中華そば「竹駒」の3つの優しさ/その3

お昼時間だけしか営業していない「竹駒」は、

開店の11時半から常連さんや遠方からのお客さんなどが

続々とやってきます。

 

おばあちゃん一人でやっているので、大忙し。

 

お客さんは、そんなおばあちゃんを気遣って、

食べ終わった丼ぶりは、自分で厨房の方へ運んだり、

テーブルを拭いたりします。

 

おつりが出ないように丁度のお金を準備して

「ここに置くよ!」と言う常連さんもいます。

 

こんな風に忙しい中でもおばあちゃんは、

お勘定が終わって帰るお客さんに

「ありがとうございました」の言葉とともに

「お気をつけて!」と、つけ加えます。

 

中華そば「竹駒」の3つの優しさ/その3は、

店主の心配り、

お客さんの気配りなど、

優しさが溢れているお店だということです。

 

おばあちゃんの優しさが伝わるのか、

こちらも優しい気持ちになれます。

 

 

中華そば「竹駒」はどこにあるの?

中華そば「竹駒」の場所は、

 

住所:岩手県花巻市上町12-19

電話:0198-23-4831

 

花巻駅から1,239m、車で5分程度の所にあります。

 

お店の前の道路(花巻郵便局の裏の通り)は、

一方通行なので注意してください。

お店はこじんまりとした民家というか、

いわゆるおばあちゃんの家です。

 

営業時間は、

11時30分から16時で、

定休日は日曜となっているようですが、

スープや麺がなくなったり、

店主の都合などで、

やっていないこともあるので、

暖簾が出ていれば、営業中です。

 

暖簾で確認しましょう!

 

駐車場は、ありません。

 

最寄りの駐車場は、

「パークアベニュー花巻(花巻上町駐車場)」(有料)

になります。

 

竹駒までは徒歩5分ほどかかると思います。

 

路上駐車や郵便局の無断駐車はおすすめできません・・・

 

どうしても駐車場に困ったら、

店主に確認しましょう。

 

ただし、忙しいそうな時などの気配りをお忘れなく・・・

 

最後に・・・

ちょっと気がかりなのは、

店主が高齢なので、

いつまで営業してくれるのかなということ。

 

店主のおばあちゃんと常連さんの会話を聞いていると

おばあちゃんはとても頭の回転が良く、

いつもしゃきっとした感じの方ですが、

体調が悪かったのか、いつ行っても暖簾がなく

心配な時期もありました。

 

最近はちゃんと営業しているようです。

 

きっと、

「竹駒の中華そばを食べたい」という常連さんたちの要望に応えて

頑張って営業しているんだろうなと思います。

 

私だけじゃなく、たくさんの人が

これからもずっと

竹駒の中華そばを食べたいと思っているはず・・・

 

おばあちゃんには、まだまだ元気で頑張ってほしいな・・・

 

お邪魔するたびにそう思いながら、帰ってきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です