月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』意味は?原作は?キャストは?あらすじは?

2018年4月スタートのフジテレビ「月9ドラマ」は、

長澤まさみが主演の『コンフィデンスマンJP』です。

 

こちらでは、

『コンフィデンスマンJP』のあらすじ(概要)や

原作、キャスト、

『コンフィデンスマンJP』の意味についてお届けします。

 

コンフィデンスマンJP

『コンフィデンスマンJP』の意味は?

『コンフィデンスマンJP』の題材は“コンゲーム”。

 

“コンゲーム”とは、信用詐欺、取り込み詐欺師、

さらには、

だましだまされ二転三転するストーリーの

ジャンルを意味しています。

 

代表的な“コンゲーム映画”と言えば、

「スティング」、

「ミッション:インポッシブル」シリーズ、

「オーシャンズ11」シリーズなどがあります。

 

『コンフィデンスマンJP』はオリジナル作品ですが、

海外の“コンゲーム映画”の日本版ともいえるという意味で

JP(ジャパン)が付いているのかな???(個人的解釈)

 

そして、「コンフィデンスマン」とは

“コンゲーム”を繰り広げる人たち、

信用詐欺師・ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人。

 

スポンサードリンク



 

『コンフィデンスマンJP』キャストは?

主人公・ダー子:長澤まさみ

とんでもないターゲットと常識外れの計画を持ち込む

リーダー的存在のコンフィデンスウーマン(信用詐欺師)。

天才的な知能と抜群の集中力で、

どんな難解な専門知識も

短期間でマスターできる才能を持ちながらも、

かなり無軌道な性格な上に

天然、さらにいい加減で詰めが甘く、

その不完全さゆえにどこか憎めない女性。

男性を誘惑する“ハニートラップ”を好んで使おうとするものの、

「お前のハニートラップは、エロババアに襲われるようで怖い」と、

いつもボクちゃんに制止されてしまいます。

 

ボクちゃん:東出昌大

小心者でいつもダー子に振り回されてばかり。

だますことも得意だが、

お人よしでだまされることも多く、

早く詐欺稼業から足を洗い、

地道にまっとうに生きていきたいと心の底から願っているものの、

結局いつもダー子に丸め込まれてしまう。

 

リチャード:小日向文世

変装の腕は超一流で

生まれながらの品の良さを武器に

どんな職業人にでもなりすまし、

手練手管を使って相手をだます

百戦錬磨のコンフィデンスマン。

 

コンフィデンスマンJP

 

『コンフィデンスマンJP』のあらすじ(概要)は?

主人公・ダー子(長澤まさみ)は年齢不詳、正体不明、

とにかく規格外で無軌道なコンフィデンスウーマン。

 

お金とファッションとおいしい食べ物に目がない、

やや天然な女性。

 

都内の高級ホテルのスイートルームに居を構え、

業界を牛耳る悪徳大富豪たちをターゲットに日夜、

詐欺の計画を練っています。

 

彼女の目的は、

彼らのばく大な財産を根こそぎだまし取ること。

 

行動を共にするのは

真面目で小心者のボクちゃん(東出昌大)と、

ベテランコンフィデンスマン・リチャード(小日向文世)。

 

このチームが、

悪徳企業のドンやマフィアのボスなど

欲望にまみれた金の亡者たちから、

あらゆる手段を使って金を巻き上げようと

チームとして動きます。

 

武器は、ダー子の天才的知能と抜群の集中力。

彼女は、あらゆる職業の専門知識を短期間でマスターし、

さまざまな職業人になりすまします。

 

彼らは、抜群のチームワークで常識外れの作戦を仕掛け、

一度狙ったターゲットは絶対に逃しません。

だまし、だまされ、時には味方さえ欺くことも。

 

彼らが、どんな奇想天外なトリックで

ターゲットから巧妙に金を奪うのか・・・

 

だまされるのは敵か味方か? 

ウソをついているのは誰なのか?

そして、最後に笑うのは?

 

コンフィデンスマンJP

 

『コンフィデンスマンJP』の原作は?

『コンフィデンスマンJP』の原作本はありません。

脚本を担当するのは、脚本家・古沢良太さん。

 

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」(2005年公開/東宝)で、

「第29回日本アカデミー賞 最優秀脚本賞」を受賞したほか、

数々の受賞歴を誇り、

日本だけでなく、世界も注目する脚本家です。

『リーガルハイ』シリーズでは、

偏屈で毒舌な拝金主義の弁護士による“法廷劇”、

『デート~恋とはどんなものかしら~』では、

恋愛不適合者同士のほほえましい“恋愛劇”、

映画「エイプリルフールズ」(2015年公開)では、

ウソから始まるさまざまな“愛の物語”、

映画「ミックス。」(2017年10月公開)では、

卓球の男女混合ダブルスを組んだ男女の

“新感覚ロマンティックコメディ”と、

さまざまなジャンルの物語を描き上げてこられた方です。

 

スポンサードリンク



 

まとめ

「月9ドラマ」では、

これまで“コンゲーム”を題材にしたものはなく、

今作が“月9ドラマ史上初”となります。

 

また、

主要な登場人物が全て詐欺師という設定のドラマは、

“フジテレビドラマ史上初”となります。

 

二転三転する壮絶なだまし合い、

度肝を抜くトリックの連続で、

畳みかけるようにまったく息をつかせない

『コンフィデンスマンJP』の展開に

注目です!!

 

『コンフィデンスマンJP』は

第1話から最新話まで

FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

見ることができます!

 

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

コンフィデンスマンJP

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です