『海月姫』第9話あらすじ、デザイナーの女性は誰?

今回は、『海月姫』第9話で

カイに雇われたデザイナーたちが集うサロン『CUBE』内で、

月海に話しかけてきた女性二人について、

調べてみました。

 

(出典:「海月姫」公式サイト)

 

『海月姫』第9話あらすじは?

(ネタバレ含む)

シンガポール行きを決めた月海(芳根京子)は、

蔵之介(瀬戸康史)や“尼~ず”が

「たけ散歩」というテレビ番組で

戻って来てほしいと叫ぶシーンを見て涙した。

 

そんな月海にカイ・フィッシュ(賀来賢人)は

戻りたければ戻っても良いと告げる。

 

「その代わり『天水館』はなくなるけどね」と。

 

月海はカイに従うしかない。

 

白いシャツに着替えさせられた月海は

カイに雇われたデザイナーたちがいるサロン『CUBE』へ行く。

 

すると、二人のオシャレ女子が話しかけてきた。

 

そして、彼女たちからカイに必要なのは

利益になるデザインだと言われてしまう。

 

月海のデザインはゴミにすぎないと。

 

「これはゴミなどではありません、

訂正してください」

と憤る月海をファヨン(伊藤ゆみ)が連れ出した。

ファヨンは在庫として売れ残った服が

大量に置かれた倉庫を月海に見せ、

全てを燃やしてしまうのだと教える。

 

「お金を燃やしているのと同じじゃないですか?」

という月海に

「お金を生むためにお金を燃やし続けるんです。」

とファヨン。

 

もちろん、月海には理解できない。

 

蔵之介と修(工藤阿須加)は月海を探す方法を

花森(要潤)と杉本(浜野謙太)に相談。

杉本はカイの会社が行う

来シーズンのショーモデルのオーディションに潜入して

月海の居場所を探るよう提案した。

 

蔵之介はオーディション会場へ行き、

スタッフからカイが泊っているホテルを聞き出し、

行ってみると、

そこにはファヨンがいて、

月海に会うことはできず・・・

 

パスポートを受け取りに行くはず・・・

蔵之介、修、花森、尼~ず、

稲荷翔子(泉里香)、佐々木(安井順平)が

手分けして受け取り所で張り込みするが、

そこでも月海に会うことはできず、

空港へ・・・

 

搭乗してしまう月海、

もう手遅れか・・・

 

海月姫 ※1月15日(月)21時地上波放送開始

『海月姫』第9話、サロンで月海に話しかけてきた二人の女性は?

サロンで月海に話しかけてきた二人の女性は

誰だったのでしょうか?

 

 

右手にいる方が、佐藤乃莉(さとう のり)さん、

左手にいる方が、清水葉月(しみず はづき)さんです。

 

 

佐藤乃莉(さとう のり)プロフィール

佐藤乃莉(さとう のり)さんのプロフィールは、

生年月日:1984年6月7日

出身地:新潟県

血液型:AB型

身 長:160cm

趣 味:芸術鑑賞、絵画

特 技:英語、アクション

所属:エイジアプロモーション

 

高校時代、雑誌モデルの経験あり。

卒業後、地元でモデル活動。

 

その後、北村龍平監督に見出され、

演技経験ゼロでありながら、

2007年、映画『LOVE DEATH-ラブデス-』にて

主演デビュー。

 

また同年、

北村監督全米初進出作の

『ミッドナイト・ミートトレイン』に起用され、

ハリウッドデビューを果たす。

 

語学力とアクション習得のため、

ロスに4年間留学していたそうなので、

日本の映画やドラマに出演するようになったのは、

23歳頃と少し遅かったみたいです。

 

2016年には、

第32回ワルシャワ国際映画祭で上映された

小澤雅人監督の映画『月光』に

主役のカオリ役で出演しました。

 

今年(2018年)は、

6月23日(土)公開予定、

犬童一心監督の映画「猫は抱くもの」に

サニーズのミルミル役で出演します。

 

ドラマの方では、

2011年、読売テレビ『秘密諜報員 エリカ 』 葛城イリーナ 役

2014年、フジテレビ『ビター・ブラッド』 第2話 きよみ 役

2014年、TBS『SAKURA〜事件を聞く女〜」第8話 鈴原美和子 役

2016年、TBS『砂の塔〜知りすぎた隣人』 三浦篤子 役

2017年、テレビ朝日『科捜研の女』  海東莉華子 役

などを演じました。

 

 

清水葉月(しみず はづき)プロフィール

清水葉月(しみず はづき)さんのプロフィールは、

生年月日:1990年8月11日

出身地:愛知県

身長:157cm

特 技:ピアノ・長距離走

 

所 属:FMG(エフ・エム・ジー)

 

舞台中心の活動をされてきた清水葉月さん。

デビュー作は、2008年に上演された舞台「黒猫」。

原作がエドガー・アラン・ポー「黒猫」で、

脚本・演出が 奥秀太郎さんでした。

 

2009 年からは

吉増裕士 作・演出の「鯖男にイカの目女」や

「股の下のサーカス」(2010年)、

「無いカタチ」(2012年)に起用され、

2011年から

前川知大 作・演出の

「太陽」や「片鱗」(2013年)に起用され、

今年(2018年)は

「図書館的人生Vol.4 襲ってくるもの」(作・演出:前川知大)

に出演予定です。

 

映画は、

2014年山内ケンジ監督の「デートとは何か」が初出演で、

2015年「悼む人」(監督:堤幸彦)や

2016年「SHARING」(監督:篠崎誠)、

2017年「全員死刑」(監督:小林勇貴)に出演。

 

ドラマは

2014年にNHK BSプレミアム放送した

視聴者参加型のミステリードラマ

「 謎解きLIVE 忍びの里殺人事件」で

上林絵梨子 役を演じて以来、

2015年、TBS「流星ワゴン」1話

2016年、NTV「家売るオンナ」9話に起用され、

2017年は、NHK「ツバキ文具店」1話、

NHK「ブランケット・キャッツ」3話に出演しました。

 

今年(2018年)は、

1月にAbemaTV「#声だけ天使」、

3月はAbemaTV「ホリデイラブ番外編」と

『海月姫』に出演しました。

 

以上、

『海月姫』第9話で月海に話しかけてきた

デザイナー役を演じた

佐藤乃莉さんと清水葉月さんの

プロフィールや出演作を紹介しました。

 

見逃してしまった方は

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】で!!

海月姫 ※1月15日(月)21時地上波放送開始

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です