『もみ消して冬』第9話から出演「吉田美沙」役の小野花梨って、どんな人?

山田涼介主演日テレドラマ『もみ消して冬』の

第9話から出演「吉田美沙」役の小野花梨さんの

プロフィールや出演作などについて

お届けします。

 

(出典:『もみ消して冬』公式サイト)

 

 

『もみ消して冬』第9話、小野花梨さんの役柄は?

『もみ消して冬』第9話では、

秀作(山田涼介)と吉田邦夫(加藤涼)

が生まれたときに病院で取り違えられたことが

明るみに出ます。

 

そして、秀作と邦夫が入れ替わってみることになります。

 

『もみ消して冬』第8話から最終話まで出演「加藤涼」の正体は?第9話あらすじ、ネタバレ、感想など

 

秀作の本当の父親は吉田康弘(春海四方)、

母親が吉田町子(堀内敬子)、

妹の吉田美沙を演じたのが小野花梨さんです。

 

小野花梨さんのプロフィールは?

小野花梨(おの かりん)さんのプロフィールは、

生年月日:1998年7月6日

出身地:東京都

血液型:B型

身 長:158㎝

趣 味:料理、ギター

特 技:習字

 

 

2006年から子役として芸能活動開始。

現在の所属事務所は、A.L.C.Atlantis(アトランティス)所属。

 

 

小野花梨さんの主な出演作は?

小野花梨(おの かりん)さんのデビュー作は、

2006年、TBSで放送された内山理名主演『嫌われ松子の一生』。

 

その当時8歳の花梨さんが演じた役は、

松子の姪、明日香の幼少期でした。

 

2008年、NHKデジタル衛星ハイビジョン(BShi)で放送された

ドキュメンタリー番組『わたしが子どもだったころ』で、

音楽評論家・湯川れいこさんの幼少期を演じたほか、

 

2015年1月~4月日本テレビで放送された

広瀬すず主演の『学校のカイダン』では、

春菜ツバメ(ひろせすず)と同じ

2年1組の生徒、小此木 千草(おこのぎ ちぐさ)を演じました。

 

2016年に、フジテレビの「土ドラ」で放送された『武道館』では、

宮本佳林演じる日高 愛子の同級生、

高木 恵理を演じました。

 

2017年は、

FOD配信ドラマ『ぼくは麻理のなか』に出演したほか、

フジテレビドラマ『刑事ゆがみ』第3話で、

寺脇康文演じる巡査部長・真下誠の長女・静香役を演じました。

 

そして、

今年2018年は・・・

3月スタートの横浜流星主演ドラマ『兄友』に出演します。

 

役柄は、横浜流星演じる西野壮太の妹・秋役。

 

『兄友』は今年、映画も公開されます。

 

来てますね~

花梨さん!!

 

これからの活躍、楽しみですね(^_-)~☆彡

 

スポンサードリンク



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です