ドラマ『anone』(あのね) あらすじは?キャストは?原作は?

2018年1月10日スタートの広瀬すず主演、

日テレドラマ『anone』(あのね)の あらすじ、

キャスト、原作についてお届けします。

 

 

 

『anone』(あのね)、あらすじは?

清掃のアルバイトで生計を立てている通称“ハズレ”こと

辻沢ハリカ(広瀬すず)は、

同年代の美空(北村優衣)と有紗(碓井玲菜)と共に

ネットカフェに寝泊まりしている身寄りのない少女。

 

ささやかな楽しみはスマホのチャットで会える

“カノン”さん(清水尋也)と他愛のない会話を交わすこと。

 

闘病のため長い入院生活を送っているという

カノンのお気に入りの話は、ハリカが8歳から12歳まで

「柘(つげ)」という町のツリーハウスで

祖母・真砂子(倍賞美津子)と暮らしていた頃の

おとぎ話のように幸せな思い出話。

 

ハリカはカノンにチャットで何度もこの話をしている。

 

別の場所では、

林田亜乃音(田中裕子)が落とした結婚指輪を拾おうとして

自宅1階の廃業した印刷工場の床下で

謎の大量の一万円を見つけてしまう…。

 

ある日、

友人とのドライブから帰った有紗が、

海岸で大金の入ったバッグが捨てられているのを見た

と打ち明ける。

 

そのお金を探そうと、

ハリカたちは有紗の記憶を頼りに「柘」という町を目指すことに。

 

柘は、ハリカがお婆ちゃんと暮らした思い出深い町でもあった。

 

また別の場所では、

医者から半年の余命宣告を受け、自らの命を断とうと決意した

カレー屋の店主・持本舵(阿部サダヲ)は、

店を畳もうとしていた矢先、来店してきた

ずうずうしくも謎に包まれた客・青羽るい子(小林聡美)と

意気投合し、なりゆきで一緒に死に場所を探すことになり、

二人が行き着いたのは「柘」という町だった。

 

時を同じくして「柘」に到着したハリカたち三人は、

テトラポッドの隙間に隠してあった大金の入った保冷バッグを

見つける。

 

しかし、美空が裏切って独り占めして逃走したり、

偶然通りかかったるい子・舵に奪われたりと

争奪戦が繰り広げられ、

最終的に取り残されたハリカの手に渡ることになった。

 

一人となったハリカは、

かつての記憶を頼りにお婆ちゃんと過ごした柘の森にたどり着く。

 

しかし、そこでハリカを待ち受けていたのは、

残酷な現実・・・

 

幸せな思い出のつまったツリーハウスは存在せず、

そこにあるのは、酷く朽ち果てた更生施設の跡地。

 

幸せな思い出は、全てハリカの頭の中ですり替えられた

嘘の記憶だったのだ。

 

心の支えとし信じきっていた美しい思い出は

全てニセモノだったことにショックを受けたハリカは、

カノンにそれを打ち明ける。

 

そして、さらに衝撃の事実を知ることに。

 

カノンは、ハリカとともにあの更生施設で過ごした少年・紙野彦星だった。

 

一方、ついに死ぬ決意を固めたるい子と舵だったが、

やってきた海岸でとんでもない光景を目の当たりにする。

 

それは大量のお札を一斗缶の中に放り投げ豪快に燃やす

亜乃音の姿・・・

 

そのお金には隠された秘密があった・・・

 

大金が必要な人たち・・・

 

捨てられた大金がきっかけとなり、

出会うはずのなかったハリカ、るい子、舵、亜乃音、

そして謎の男・理市(瑛太)の人間関係が動き出して行く・・・

 

スポンサードリンク



 

 

『anone』(あのね)、キャストは?

辻沢ハリカ(ネットカフェに住む少女・“ハズレ”)

・・・広瀬すず

 

青羽るい子(謎の女)・・・小林聡美

持本 舵(カレーショップ経営者)・・・阿部サダヲ

 

中世古理市(?)・・・瑛太

 

林田亜乃音(林田印刷所(廃業)経営者の妻、法律事務所事務員)

・・・田中裕子

 

紙野彦星(病気療養中、チャットの相手“カノン”)

・・・清水尋也

 

花房万平(亜乃音が勤務する法律事務所所長)・・・火野正平

 

 

『anone』(あのね)、原作は?

『anone』(あのね)の原作本はありません。

 

脚本家の坂元裕二さんの書き下ろしによるものです。

 

坂元さんの代表作は、

 

『東京ラブストーリー』(1991年、フジテレビ)

主演:鈴木保奈美、織田裕二

 

『Mother』(2010年、日本テレビ)

主演:松雪泰子

 

『Woman』(2013年、日本テレビ)

主演:満島ひかり

 

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(2016年、フジテレビ)

主演:有村架純、高良健吾

 

『カルテット』(2017年、TBS)

主演:松たか子

 

など。

 

ちなみに、

 

坂元裕二さんは、1967年5月12日生まれ。

 

奥様は、女優の森口瑤子さんです。

 

 

まとめ

ドラマ『anone』(あのね)は、

 

生きることの本当の意味とは?

 

人が生きるうえで本当に大切なものは何か?

 

ということを人々に問いかけ、

 

真実の人間愛を見つけて行く物語

 

ということで、

感動作になりそうですね・・・

 

スポンサードリンク



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です